« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

ぼんつるり

Wanibanana

これでどうでしょう?? キレイにみえるかな?

ぼんぼこつるりん

Bananawani_2

PCで絵を描きました。

ほんとはそのまま載せたかったんですけど、例によってアップの仕方がわかりません。

で、どうしたかというと、PCの画面をデジカメでぱちり!と撮りました。

だから本当はもっとすごく色がきれいなんですよ!それをお伝えできないのが悔やまれる。。。

この絵、なんだかわかりますか?

ワニとバナナが踊ります♪ ボンボコツルリン ボンツルリン♪ です。

え?わからない?

「とんでったバナナ」という歌、ご存知ですか?

あの歌6番まであるんですけれど、これは5番の歌詞のイメージです。

2番の小鳥が出てくるところも描きたいんですけどね。

まずは、ワニの場面を描いてみました。

だから、どうした?

ふふふ。わたしの娯楽です☆

追伸: 6番までの歌詞を是非知りたい!気になる!!という方は直接ご連絡を(笑)

海辺の友へ

久しぶりにしちゃいました。 長電話。

約1時間45分。

もらった電話で長話しちゃて、ほんとにスマン!!(汗)

「久しぶりの長電話、楽しかったわ☆」と思ってくれていることを祈る。。。切に祈る。

eメールが普及して、なんでもかんでもメールで済ませてしまっている今日この頃ですが、

やっぱりちゃんと相手の声が聞けるというのは大事なことですね。

メール以上に相手の心境やエネルギーそういうものがわかるから。

メールでもね、文章でエネルギーとかはある程度わかるけど、やっぱり電話のほうが顕著でしょ?

直接会えれば一番問題ないのだけど。

今日の相手は、一見わたしと似ていないようで、実は似ている人。

「肉食獣 一匹狼 暑苦しい」

というキーワードがわたしたちの共通点。ちなみに女性、ね。

話をしていると、その人の話からその人の”願い”や”迷い”や”喜び”が見えるでしょ?

見えてもその時エネルギーが小さい人にはあまり言えない。慎重にオブラートにくるまないと。電話を切って時間がたってだんだんとわかるくらいでないと。

でもね、今日の彼女のようにエネルギーが溢れている人には、がっつんがっつんそれを言っちゃいます。

うふふ。ごめんね(笑)

ズバズバぐさぐさのわたしだけど、しぼんだりしんぱいしたりするあなたの優しい心、ちょっとくたびれてる心、時々だれかに寄り掛かりたい心、わかっているつもりだよ。

大丈夫!

あなたはあなた。それがいい。 がんばりすぎるな!ね☆(暑苦しいから 笑)

じつは誰よりも女の子なあなたへ

心構え

この時間になると、すっかり秋の虫が鳴きだしますね。

きょうみたいな気候は、寒すぎず、暑過ぎず、さわやかに涼しくってよかったです。

ああ・・・でも・・・ これから訪れる秋、冬を考えると緊張します。

それはなぜって?
1.暗くなるので朝起きられなくなる
2.寒くてよりいっそう動きが鈍くなる
3.上記の二つにより、テンションが下がる。
それに加えて、厚着と寒さで身を固くするから夏より肩が凝る。

「薄着サイコー!!だけど寒がり」 なわたしに冬は不向きなのですよ。

そでが手首まであるのも実は苦手で。

だからコートの下はいつも、半そでとか七分袖とか着ています。

10年ぐらい前は冬色のタータンチェックに憧れたものですが、今はちょっと違います。

今は・・・夏はフリフリ、冬はフサフサ。

そう!冬は大好きなファーの季節!!

そして大好きな星空がくっきりする季節!!

ああ。。。そう考えたら、すこしやる気が出てきましたよ。

ようし!!  冬よ、来るなら来いッ!! 受けて立つ!

歌うこと

歌というのは正直で、その人がよく見えたりしますね。

ただ音程をはずさずにキレイに歌っていると、はあ~ ほう~ って感じなんですけど、

ちゃんと「伝えよう」としている歌は、ほんとにその人の中身がみえる。

あ、でも、「どうしてもキレイに歌おうとしてしまう性格」というのもありますね。

わたしはそういうタイプ、でした。

でした。最近は変わってきたのです。

「音程を外すことを恐れずに勝負しろ!」

といわれるので、勝負するようにはなったのですが、

わたしの場合「勝負しすぎる」ときもあるようです(笑)

なんたって声が大きいので出そうとするとどんどん出ちゃうんですよね・・・

「勝負しすぎる」あたり、わたしの性格がでているのでしょうか・・・?

わたしの15歳年上の友人の歌なんか、もう!すごいですよ!

なんかね、人柄ってこういうのをいうんだな、って思う歌をうたいます。

自分さらけ出しちゃってる歌、そういうのステキです。

歌うことは小さい頃から大好きでした。そして今も。

元気がでないときはAnnieのTomorrowを歌います。

ドライブのときは思いついた歌を次々と何時間でも歌います。(めいわく・・・)

みなさんは、歌を聞くのと、歌うの、どちらが好きですか?

わが町

今日はね、坂東留実さんの芝居をみてきましたよ☆

このお方、ここでも右下にリンクをはらせていただいている、ステキな女優さんです。

演目は「わが町」でした。

じつはわたし、これ、ちゃんと見るの初めてだったんですよ。

名作と言われるだけあって、本当に良かったです!

はじめに「上演時間は2時間半を予定しております」と言われたときには

ちょっと自分の集中力に自信をなくしかけましたが、とても面白くて

「長かった~~」なんてちっとも感じませんでした。

「わが町」っていい作品ですね。

なんかね、作者の作品への愛、人間への愛、地球への愛みたいなものを感じました。

「この世に生を受けて、変わり映えないようなでも少しずつ変わっている日々を生きていくことは素晴らしいことなんだぞ~~~」というメッセージ。

そういう”感じ”でした。。。

ばんちゃん、お疲れさまでした!いよいよ楽日、がんばってね☆

max&minimum

さじ加減って難しいなと思います。 人づきあいの。

それが苦労なく無意識に微調整できる人もたくさんいますよね。

わたしは“出来ない方”の部類に属されます(笑)

わざと頑張っているでもなく、無意識なんですが微調整が出来ないんですね〜。 たぶん自分があまり“気にしない”タイプだからだと思うんですけど。 よく『自分だったらいやでしょう?』とか言いますが、いやだと思うことが少なくて…

だからもう いつでも10か0! とほほ

いや、今は少しは修正されて9か1ぐらいにはなったかな…

世渡りってある意味才能だと思うんです。

わたしの父は世渡り上手です。しかも無意識型の。

あーあ   なんでその血を受けなかったのかしらん。。。

そーだ! 全部兄にとられたんだわっ!

ふぅ〜           じゃ しかたないか☆

どうしちゃったのよう?

今日、うちのセキセイインコの伊能くんが、こどもみたいな顔をして、羽をむわっと膨らませてしおらしくしているので、

「もしや、病気?!」

と思って心配したんですけど、単なる仮病でした。

いつもより甘えっ子で、ずうーっとわたしの鼻の頭に自分の頭をくっつけて

「ぼくーちょっとーぐあい悪いのー」

みたいにじっとしてたから、本気で心配してたのに、新しいエサをいれてあげたら俄然元気になっていました。

「なんだ!元気じゃんようー!」

とは思ったものの、病気じゃなくって良かったです☆

むしろ伊能よりも自分の体調がちょっと・・・・・

食欲不振でよろしくないですね。

人間、やっぱりよく食べないと、何事もうまくいかない気がしますからね(笑)

少しずつがんばって食べよう!!おーーーっ!!

んもうっ!

蚊に刺されるのがすごくキライです。

すごく、キライです。

まあ、誰しも「うわあ~い!刺されたあああいい!!」とは思わないでしょうけれど。

で、わたしは”事前の対策”として、いつも虫除けスプレーを持ち歩いています。

さらに、もちろん虫さされの薬も。

どうしてそこまでナーバスになるかといいますと、後に残りやすいからなんです。

ふつうに蚊に刺されて、とくにかきむしったりしなくても、あとに残るんです。

小さい頃からそうでした。

だからなるべく刺されないように頑張っているんですけどね。。。

なんだか今年はやたらと蚊に刺されています!!

ほぼ毎日です! くやしい~~~っ!!

わたしの考えでは、自転車置き場が危険区域と思われます。

むむむむむ・・・

ようっし!明日こそは「蚊に刺されゼロ」をめざすぞーーーっ!!

愛すべき人格

名前をね、よく間違えられるんです。

一番多いのは「美弥子」。つぎに「美弥及」。

美弥及ってなんですか。 美弥Q? オバQ?

「美称乃」ってのもあります。(オシイ!!)

宛名を書くとき、どうして最後の一文字までちゃんと見ないのかなぁと不思議におもいます。

でもね、まあそういうDMの宛名とかならいいんです。

問題は・・・・・うちの民謡の師匠。

もう10年通っているのに未だにわたしの苗字を正確に覚えていません。

9月のあるイベントのチラシを見たら、やっぱりまんまと間違ってる。

「先生、また間違ってます。でもま、5文字中4文字合ってるからいいです」

「んだ。4文字合ってれば上等だ(←満足げ)」

そんな感じで。

キリマンジャロはミケランジェロっていうし、道案内をさせれば”鋭角”を”鈍角”っていうし。

「先生。交差点を鈍角に曲がるっていいましたけど、鋭角でしたよ」

「だからこう、ギャッとこっちに・・・・・鈍角か鋭角かっておまえ、二つに一つだろうが」

そんな感じで。

こんな先生とうまく付き合っていくなら、待ち合わせに「昼過ぎ」といわれても、信じないことです。自分で時間を計算して少し早めに行くことが成功のカギです。

そんな感じで10年たちました。わたしはこの先生が大好きです。

たとえ、社会の窓が開いている確率が6割5分5厘でも。

その姿、美しい・・・!!

うわあ・・・・・決まっちゃいましたねえ。当たり前なんだけど。

おめでとう早稲田実業!がんばったね駒大苫小牧!!

本当にいい試合でしたね。

最後が田中くんとの対決ってところがまた、マンガみたいな世界でした。

ふたりはそういう星の下に生まれてきたのかも知れませんね。

ダイジェストを見ただけなのに、わたしも泣いてしまいました。

いいなあ~爽やかで。。。

わたしの好きな某演出家さんは

「人が何かに集中している姿は美しいですね。。。」

と、ニコニコしながらおっしゃっていましたが、まさにそうだな、と実感しました。

例えば、マウンドで集中しているピッチャーは美しい。

あ!そういえば斎藤くんは、マウンドで口が開いていたな。

わたしが春の舞台で殺陣をやっていたとき、「口開いてるよ」と言われたけど、

やっぱり集中すると開いちゃうんですよ、くち。

ね。ね。

え?ちょっとちがう??

・・・・・そうですね、舞台は見た目だいじですからね、やっぱりね、ダメですよね。 

しょぼん。

熱闘甲子園!!

夏の高校野球、じつは今日初めてちゃんと見ました。

うわさに聞く「ポケットからハンカチ」を見たくって。

もう決勝戦だったんですね!

早稲田実業 対 駒大苫小牧

それぞれのエースは対照的なキャラで、それがまたこちらの心をくすぐりますね(笑)

優勝決定戦まで残るチームはやっぱりちがう!

プレイの上手さはもちろんですが、なんていうか・・・気迫とか精神力がすばらしい。

痛いミスやホームラインを打たれても、動揺しない。

「ああ・・・しまった・・・」と心の中で思っていたとしても、とりあえず焦らない。

高校野球に限らず、ひとつ不利なことが起こると、とたんにボロボロになってしまうことがよくあります。

でも、この2チームは本当にしっかりしていますね!

駒大苫小牧の田中くんの投球なんて、延長戦に入っても「気迫」が途切れない。

こちらが「ボールかな?」と思うような際どい球も「ストライク!」と審判に言わせるだけの

気迫のこもった球を投げ続けていました。まさに真っ赤な炎

審判も人間。微妙な球をストライクに出来るかどうか、それはキャッチャーの腕も大事だけれど、気合を込めた”説得力”のある球を投げられるかが大事だと、わたしは思うのです。まあ、あくまでわたしの勝手な考えですが(笑)

そして、対する早稲田実業の斎藤くんの、クールさ!

ピンチに陥っても、自分のピッチングを見失わない。冷静沈着な青い炎

名前は忘れてしまいましたが、バットをぐるぐる回す彼も、何かやってくれそうな感じがして、とても気になる存在でした。

それにしても・・・

なんで早稲田実業の選手は、みーーーんなユニフォームが真っ白なんですか??

特殊な撥水加工とかしてあるのかしら・・・・・?

なにはともあれ・・・再試合、どうなるんでしょうね!

選手たち、ちゃんと眠れているかな? あ、疲れてるから大丈夫か☆

がんばれ!!高校球児たち!!!

あ・・・ハンカチ、まだ見てない。

夏を楽しむなら

去年の夏、山形の祖母の家に行きました。

まさに14年ぶり!!

山形は父の実家で、今はあの平屋の小さな家に祖母がひとりで暮らしています。

現在推定年齢91歳。

頭は冴え冴え、歩みも確かです。

祖母の家は山形県のなかでも”いなか”なところ。

前も後ろも山、山、山。おかげで谷や川もあるわけです。

去年は小さい頃に遊びに行っていた、大きな滝のある美しい川に泳ぎに行き、

小学生と同レベルではしゃぎ倒してきました。

今年は・・・山形より、長野の友人の家を選びました。 なんとなく、です。

たぶん考えたらいくつか理由はあるのですが、ここはひとつ考えないことにしています。

来年はどっちに行きたくなるかな? ほんとはどっちも行きたいんだけどな(笑)

長野は友人がいる好きな土地、山形は・・・・・

わたしを創っている大事な要素。

そういう、大事な土地。

巨大恐竜博2006

巨大恐竜博2006に行ってきました。

2002年の恐竜博の目玉はセイスモサウルスでしたが、今回はスーパーサウルス!!

いやあ~~~、スーパーでしたよ。

全長33メートル。でもこれ、推定です。
実際全身の15%程度の化石しか発掘されていないそうで。
一日500Kgほどの草を食べまくっていたらしい。。。

わたしが子供の頃からすると、恐竜の研究もすすんで、様々な新しい説が登場しています。

なかでも、おもしろいのは「ティランノサウルスが子供とつるんで捕食していた」という話。

運動能力は低いが、大きくて力のある親と、機敏で小さい子供たち。

植物食の恐竜を子供たちが追いかけまわし、きゃ~~っと逃げていった先に大きな親が物陰にかくれていて、逃げてきてところをばーーーーん、ガオーーーッと現れてとらえるんだって。

えーーーー。そんなうまいことやってたのかしらー?

とはいうものの、とてもおもしろい説だと思いました。

Tirano 写真はティランノサウルスとトリケラトプス。

ちなみ「サウルス」とはトカゲのこと。ティランノサウルスは「暴君トカゲ」だったかな?

スーパーサウルスは特大のトカゲ。特大、ですよ(笑)

恐竜の名前にはなかなか詩的なものも多く、「夜のどろぼう」とか「年老いた悪魔」「精霊」「長い脚の狩人」とか名付けられています。

そのあたり、恐竜を掘り当ててやろうとするインディージョーンズみたいな学者さんたちは遊び心があるのかなあ?なんて思ったりもしました。

1億7000万年前、巨大化した恐竜たちがそこいらじゅうにいたということは

やっぱり、やっぱり、なんだかミラクルな感じがしてしまうのです。

渦、みえるよ

ゴロゴロ ゴロゴロ・・・・・

こわい こわいよ

こんな日は雷さえもこわくて仕方がない

雷の帰り道、ひとりでいることがこわい

目の前のその人の”渦”を感じてしまうから

渦の原因がわかってしまうから

そんな夜は雷はいやなの

雷はいやなの

あの人に 本当に楽しい時間がくるように

            祈ろう

                 祈ろう

ぼく伊能です

Inounagano← こんにちは。伊能です。

顔、黄色いでしょう?沢庵みたいです。沢庵和尚です。

体全体は水色グレーでとってもキレイです。

うちのインコは特別かわいい、と本気で思っているんですが、

あながち妄想ではなかったようです。

先日、長野に行ったとき連れて行ったら、みんなに「キレイな色!かわいいー!!」

とお褒めの言葉をいただいちゃいました☆ うふふっ

ちなみに、ほっぺの模様は、べつにわたしが塗ったわけではありませんからね。

生まれつきの模様です。

小さい、か弱い動物って不思議ですね。

伊能が肩にとまると、みんな”そおーーー・・・っと”動くようになる。

そしてなぜか肩に止まらせているその人までもがかわいく見えちゃう。

だから、もともとかわいい子供に伊能が乗ると、無敵に可愛かったです。

思わず身悶えするほどでしたよ(笑)

犬や猫のように丈夫なペットもステキだけど、幼い頃から

小鳥のような小さい生き物に接するのは、なかなか情操教育に良いのではないかしら?

進化に感謝

先日の大停電は、予想外の原因でしたが

わたしが小さい頃は、けっこう頻繁に停電していましたよね。

大型の台風がくると「停電するかも!」とうきうきしながら準備していたものです。

いざ停電すると、ろうそくをつけてドキドキしていました。

そういうときお風呂はもちろんろうそくの明かりで入ります。

お父さんが蒲鉾の板に釘を二本打ってくれて、そこにろうそくをたててお風呂場に持ち込みます。

そして、本当にそうだったかなんておかまいナシに

「江戸時代の人みたい!!」

と思ったりして。その頃のわたしには、昔の人=江戸時代の人 という公式が頭にあったようで。

停電の思い出はそんなことばかりですね。

あの頃、停電はそんなにめずらしいことではなかったのに、わたしがぼーーーっと成長している間に、電力会社は進化して行ったのでしょうか。。。

そう考えると、東京電力に努めている友人のことを、とても頼もしく思ってしまいます(笑)

初もの二つ!

めずらしく都心では停電があったようですが、みなさん大丈夫でしたか?

わたしはそんな時、長野におりました。

そこで印象的だったこと・・・たくさんあるけど、二つに絞ります(笑)

まず一つめ。

Revermountain

上高地に行ってきました。上高地は現在マイカー規制があって、バスかタクシーでないとアクセスできません。

行きのタクシーのおじさんに
「このトンネルを抜けると、みなさんは変身します」
と言うので何故かと訊くと、

上高地は上高地全体が特別天然記念物に指定されているので、そこへ一歩足を踏み入れると、自分たちも特別天然記念物の一部になる、というのです。
なんとも、粋なことをおっしゃる。
上高地は”見る”のではなく”感じて”自然と一体化してください、とも言っていました。

いざ、着いてみると、本当に息をのむほどの美しい風景、澄み切った甘い空気・・・
素晴らしいという言葉では足りないほどの、まさに特別天然記念物でした。

二つ目は、熱気球

Kikyu ずーっと乗ってみたかったんですよ!

でもね、今回はロープで固定されているので移動はナシでした。

なのであまり高度もなく、ほわほわ浮いている感じでした。

それにしても一緒に乗った友人は

「気球に乗ってどこまでも、というより、ちょっとそこまでぐらいにしてほしい・・・」

と結構ビビッていておもしろかったです(笑)

でも、たしかに時々、「うわっ・・・浮いてる・・・」と思うとむずかゆい気持ちになりましたよ。

あ、そうそう!乗り降りのしかたがおもしろかったです。
ひとり降りてはひとり乗り、みたいにカゴの中をぎゅうぎゅうにしながらでないと、カゴが地面から浮き上がってしまうそうで。
それがなかなか忙しなくって、これまた面白かったですね。

うん。できれば次回は移動する気球に乗りたいとおもいます。

・・・いつになることやら?

あああ・・・日が・・・

今日、19時ちょっと前に地下鉄から地上に出たら、すでに暗かった。

えええーーー。ずいぶん日が短くなっちゃったのね。。。

長い梅雨がついこないだ明けて、やっと夏本番!と思っていたのに。

お天気や季節に体調を左右されやすいわたしは、とってもさみしくなってしまいました。

日が長くなるにつれて、目覚めがよくなり、日が短くなるととたんに起きられなくなります。

明るくないと全っ然起きられないんです。

さらに気圧が低いと起きられない。雨の日とか。。。

気温も大事です。夏の暑さの全盛期に向かってどんどんハイテンションになり、

秋にはそわそわしだし、冬には物悲しく泣いている。

そんな感じです。

だいたい、”寒い”という要素は気持ちを悲しくさせるんですよ、むやみに。

高校の頃、駅から校舎までふつうに歩くだけで30分という道のりを
大雪の日に歩いていたときのこと。
その道は田んぼの中の一本道なので
遮るものもなく、靴はぬれてきてしまい、横なぐりの雪。
わたしはあまりの寒さに「もう・・・歩けない・・・」と立ち止まってしまい、
その場でしくしく道で泣いておりました。
が、泣いてもどうなるわけでもなく、ひとしきり泣いた後

「さて、もうひといき」と気を取り直したんですけどね。

とまあ、そんなぐあいに、寒さと暗さにはとっても弱いのです。

だから今日、日が短くなったことを実感してしまい、

ちょっぴり物悲しい気分だったりします。

いいえ、けっこうです

『No ,Thank you』という言葉はよくできていると思います。

思いやりのある断り方、というより、相手の思いやりに気づいている断り方だな、と。

だから好きな言葉です。

日本語だと・・・「いいえ、けっこうです」 かな。

現代では”けっこうです”という言葉って悪意がある場合とか、攻撃や、無視する、といったニュアンスで使われがちですよね。

でも、本来ちがったような気がするんです。(ほんとのとこ知らないけど)

「ありがとう。でもおことわりしますね」という意味がいいな、と。

気持ちを受け取り、気持ちで返す、そういうやりとり。

最近また、それをするりとこなすステキな女性を見つけました。

お手本です(笑)

わたしは『けっこうです』という言葉をスマートに使える人間でありたいと思います。

レンズの先には

御茶ノ水にはステキな橋がふたつあります。

聖橋と御茶ノ水橋。

このあたりは意外と木々も多く、都心にしては四季を感じやすい場所です。

今は蝉シーズンね。

橋からの景色はどちら側もけっこう良くて、おかげでカメラを構えている人を頻繁にみかけます。

中でも一番のオススメは
「御茶ノ水橋から聖橋を見ているときに丸の内線が橋の下を東京方面へ滑り出していく」
という瞬間です。

これは何度見ても「あ!ラッキー☆」ってこころで思ってしまいます。

ほんとにいいんですよ、あれ。丸の内線がおもちゃみたいで、一瞬だけジオラマに見える

逆に、丸の内線に乗りながら聖橋をくぐるときも、
「ねえーみんな、見てるうー?」
って少し得意な気分になります。

今日は御茶ノ水橋から新宿方面に見えるビルの間に、カメラを構えている人を発見。

そのレンズの先には・・・・・

銀色のグラスファイバーのような雲が・・・!!

上空の透明な透明な空気の中に銀色の雲。一瞬ハッとするような雲だった。

あのときのおじさん、いい写真撮れたかな?

出来心

今日も「予告コロナ」どおり、コロナを飲んでゴキゲンで帰ってくると、

道端にセミがじっ・・・としていました。

ああ。そろそろセミが「落ちてる」季節になりましたねえ。。。

わたしはその生命力を確認しようと、つま先でつんつんしてみました。

すると ジジジジッ・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・ッ!!!(無言のさけび)

突如つつかれて慌てたセミは、1cm幅ぐらいの溝に横向きにはまってしまいました。

・・・・・・・・・・・・・・・ッ!!!(しまった・・・)

わたしのせいでセミがはまったよ!横向きだよ! さわりたくないよ~(泣)

もう一回つついたら、セミはさらに慌てて、こんどは頭だけが溝に!!

あああああ!! どうしようどうしよう!!

しかたない。またつつきました。横向き。またつつく。頭つっこむ。

5度目の正直でやっと、もとの状態に戻りました。

地上での短い生涯、余計なことに体力を消耗させてしまったと反省。

教訓 : 落ちているセミにちょっかいを出さないこと

コロナの誘惑

暑いですね。。。暑いです。。。

今日の空、見ましたか? 入道雲だらけ!!

あっちもこっちも入道雲だよ。

真っ青な空に真っ白な入道雲・・・・・

「ぼくのなつやすみ」って感じですよね。

今日わたしは久しぶりに”役者的汗”をかきました。

もともと汗は全然かかないんですが、今日はね、すがすがしかった!!

でももう、21時ぐらいから頭の片すみにコロナがちらついて。。。

やばいです。もう。

だってそりゃあビールは年間通しておいしいけれど、夏のビールは格別じゃないですか!

ビールと枝豆とポテトフライ・・・ え?オヤジ?

いえいえ、そうでもないです。

わたし、お酒弱いんですよ、たぶん。 でも、好きなんですよ!

だからね、ちょっとですっごく酔える。なんて経済的なんでしょう!!(キラキラ)

これからもっと暑くなるかなあ・・・・・

梅雨の夜更けもステキだったけど、真夏の夜もやっぱりいいね

月、明るいなあ・・・・・

切ります!縫います!

4月のバーゲンで買ったジーンズの裾上げをずーーーっと放っておいたんですけど、

やっとやりました! えらい!!わたし!

わたしの自慢のミシンには「ロックカッター」がついています。

ロックミシン内臓型なんですねえ~! これものすごく便利!

だって布を切りながら切り端をほつれ止めしていってくれるんだもん。

「ジブン、切ります!縫います!」 って具合に。働き者のミシンなの

だから、丁度いい丈のところでだーーーっとロックミシンをかければいいってわけ。

で、やったんですけど、

わたしには”計る”という機能が欠落してるんですよね。。。

だからなんでもフリーハンド!! 

布にしるしとかしないでイキナリ切る!イキナリ縫う!!

でもね、ちゃんと出来上がるんですよ。

計るとなんでか間違っちゃって、へんなことになちゃう。

大抵のものは出来上がり図を、じいーーーっとイメージして、

縫う!!

と出来る。そんなかんじ。

今回の裾上げは、まあまあの出来栄えでした。

まあまあっていうのは、どういうことかというと・・・

1cmぐらい左右の長さが違うってことです。しかも、意外とまっすぐじゃなかったりして。

だってね、ストレッチ素材だから縫ってると伸びるんだもん

それじゃあねえ、しかたないじゃんねえ。

でも。 大丈夫!!

ジーンズだもの、はいちゃえばぜーんぜんわかんないもんねーーーッ☆

相性なの?

ちょっと・・・今、困り中です。

じつは最近、録音に使っていたMDプレーヤーが壊れてしまったのです。

すぐに新しいのを購入したのですが・・・

なんだか今までのマイクとの相性が悪いのか、うまく録音できません。

せっかく新しいのを買ってうきうきしていたのに。。。

そんなわけで、こころ葉の音の次回作は決まっているのですが、
なかなか作業がすすみません。

ゴメンナサイ。

やっぱり新しいマイクが必要なのかもしれないわ。 えーんえーん。

とにかく! なるべく早く更新できるように、ガンバリマスっ!!

涙目

今日は朝から暑かったですねー。おかげでわたしは朝からアイスを食べる気まんまんでした。

でも結局、昼間はチャンスがなく、帰り道にキハチのソフトクリームを食べることにしました。

キハチへ行ってみると”白桃&バニラ”の広告が!この時期だけみたい。

これは是非食べなきゃ、とチケットを買おうとしたら・・・・・なんと売り切れ!!

NO-----------------------ッ!!! 

あーそーかー、もう20時だもんなぁ・・・・・・しょぼん。

妥協して”ゆず&バニラ”を食べてきました。これはこれで予想以上に美味しかったからいいんですけど。

わたしはなんかこう・・・変なところで思いつめているときがあって、
例えば朝から「きょうはあの店であれを絶対食べよう」とか「今日は郵便局に行ってこの荷物を送ろう」とか思っていて、それが売り切れや、何かの都合で不可能になるとフリーズしてしまうことがあります。

そのメカニズムはおそらく・・・
あまりに妄想が強すぎて、そうじゃないという選択肢が全くなく、一瞬途方に暮れているのだと思います。

以前、ケーキ売り場をさんざん物色して「よしっ!!これにしよう!」と決めたとたん、隣りのおじさんが最後の一個を買って行ってしまった時なんか、もうほとんどその場で泣き出しそうでした。

頭の中は「ガーン ガーン ガーン ガーン・・・・・」 そんなかんじ。

1人じゃなかったらいいんですよ。もし二人でいれば少なくともそのショックを折半できるじゃないですか。「えーざんねんだねー」とか言って。1人じゃあ、1人でショックを引き受けるしかない。
だからほとんど泣き出しそうになっちゃうわけで。 えへっ。

目の前でお目当てのケーキをかっさらわれても、涙目にならないでやり過ごせたとき、
本当のおとなになれるのかもしれない。。。

え。ちがう?

ジャンケンパラダイス

ひょんなことから、懐かしい歌を思い出しちゃいました。

「ジャンケンパラダイス」!!

タイトルだけでも、気になります。ご存知の方いらっしゃるかしら??

これはもちろんジャンケンの歌なんですが、大事なのはそのダンス!

赤いミニスカートの女の子の切れのいいダンスが見ものなんです!!

歌詞も、メロディーもおもしろいし、ノリがいい。

じつは昨日それを動画で見れるサイトを見つけてしまったんですね~。

記憶の中のそれと、そんなにズレはありませんでした。

それを見ながら「ああ、よく姉に踊らされていたなあ・・・」とか思い出してしまいました。

だいたい末っ子というのは遊ばれますからね(笑)

まあ、当人はけっこう好きでやってたりするんですけど。

おかげで、「ちっとも笑わせようなんて思ってないのに、笑われる」という人間になってしまいました。

ああ。そういえば、ある人に「あなたはフツーに生きてるその生き様に笑いの神が降りてる」といわれましたが・・・

いや、ちがうんですよ。ちょっと人よりハプニングが多いだけですよ!・・・たぶん。

妹ブログ 泉ちゃん

いつも「こころ葉の森 」に訪れてくださるみなさん、ありがとうございます☆

ええっとですね、音声配信のために始めたブログなのですが、

わたしがあまりにせっせと記事を更新してしまうものですから、

過去の音声が聞けない、という不具合を生じてしまいました。

ので、これから、わたしのこの腹の足しにもならないような

ひょうひょうとした日々のことはこちらに綴っていこうと思います。

こころ葉の森 をブックマークしてくださっている方、こちらの

「こころ葉の泉」もよろしくお願いいたしますっ!!

どちらからもアクセス出来るようにしていこうと思っています。

ああ、どうかこちらも、よろしくお願いします!!

スキスキスイカ

きょうもスイカを食べました。

スイカはやっぱり季節ものなので、この時期いっしょうけんめい食べます。

スイカを果物とするなら、好きな果物ランキングの5位までに入ります。

好きです、スイカ。

あの斬新な外見のデザイン、そして大きさ。何より切ったときに外見からの想像を裏切る「え?赤?!」という心憎い演出。

そいういうところも、好きです。

食べるときは、一番上のおいしいところを取りよけてから食べ進み、一番最後にその部分を食べる、というセコイ手をつかいます。

だってー、瓜の味で終わるのはさみしいんだもーん☆

☆こころ葉の音 Vol.3「藤色のいちにち」 配信中☆

えびす

恵比寿って街も、奥深いですねぇ。。。

今日踊りの稽古で恵比寿に行きました。帰りに軽く何か食べたいと思い、駅の周辺でカフェを探してぐるぐる。

そうしたら、おもしろそうなお店にたくさん出くわしました。

中でも気になったのは「一杯飲み屋」のような、カウンターだけの飲み屋さん。

これは気になりますねぇ~~~。

わたしはカウンターで飲むのが好きなので、チラッと覗いて「あ、入ってみたい」と思ってしまいました。

他にもネパール料理やさんとか、中国、イタリア料理など、いろいろ。

でもわたしの目的であるカフェは全然ありませんでした。

反対口にはけっこうあるんですけどね。

恵比寿は駅の周辺だけでなく、ちょっと離れたところにも面白いお店がいっぱいあります。

ラーメン屋さんも多い。コーヒー豆専門店もある。シェ・リュイもある(ラスクおすすめ)。

ああ。久しぶりに”あの”カフェに行きたいなあ。。。どのカフェ? うふふ。ナイショ☆

☆こころ葉の音 Vol.3「藤色のいちにち」 配信中☆

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ