« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

上を向いて、ハイ!

しばらくぶりに、事務所の後輩たちに会いました。

みんな元気そうで、本当に安心しました。

稽古場のドアを開けたとたん、たくさんの後輩たちがわたしの名前を呼びながら寄って来ました。

わたしはもう恥ずかしくて、うつむきながら「おはよう!おはよう!!」とオウムのように繰り返して応えるのみでした。

そんな自分を回想して・・・はた、と気づいたことがあります。

それはある舞台監督さんのこと。この方は万人に好かれるスーパーいい人。

だからその方が稽古場に来ると、みんなそれはもうすごい歓迎ぶりなんですが、

当の本人は「おはよう!おはよう!」ときっぱりとした笑顔でちゃんと応えているのです。

自称「あがり症」のその方より、ちっともあがらないわたしの方が、てんでダメだと思います。

そうだ!

もし、この先こんな風に歓迎されることがあったら(ないかもしれないけど)きっぱりと笑顔で、ひとりひとりにちゃんと応えよう。

みんな、笑顔で迎えてくれてありがとう。

根気ないので候

姉が「どうぶつの森」を購入しろって言うんです。

昔から筋金入りのゲーマーである姉は、ありとあらゆるゲームを持っています。

ポータブル系ではGBアドバンスから、PSP、そしてDS・・・なんでもござれです。

そんなゲーム熱心な姉が「どうぶつの森」について

「最初がめんどくさいんだよねー」

という!!えーーー。ただでさえ根気ないわたしのことだもの、お姉さんがそんななら絶対わたしには務まらないよ-。買ってもムダだよー。

でもね、これ通信でできるからって、他の友達にも「買ってください」って言われたのよね・・・。

どうかなー、ちゃんとやるかしら、わたし。。。

脳でさえ、1週間に1回しか鍛えてないのに。でも、ちょっとやってみたい気はするのっ。

ううーーーーん。。。

どう、思います?

栗といえば・・・

秋です。秋ですから、栗の季節です。

栗。。。。。

デパートの食料品街には期間限定の栗商品が続々と登場しています。

だから、まんまと目移りしちゃうチャウ(←古いッ!!)

そんなわたしは・・・・・栗ときくと、ジョン・ローンを思い出すのです。

この連想の根源は、中学時代に遡ります。

当時ジョン・ローンなんてハイカラな俳優さんを存じ上げなかったわたしに

クラスメイトが言いました。

「ジョン・ローンってさ、かっこいいけど、栗みたいな顔だよね」

く、くり、ですか?!

興味そそられるじゃないですか! それからすぐにどんな人か確かめたんですけど、

頭の中はもうすでに「栗みたいなジョン・ローン」という具合に変な枕詞がついちゃってて。。。

おまけに友達は”ジョン・マロン”とか言うし。

すっかり洗脳されてから見てしまったので、「あ。たしかに、栗っぽい」って思っちゃいましたよー。もーうッ!

そんな経緯があって毎年この季節、わたしは人一倍、彼のことを思い出しているのです。

寒いながらも心はホット

寒かったですね~。

今日はね、なんだか変なかんじでしたよ!

わたしの古い友人と、それよりは新しい知人に対面していただきました。

それはなぜかといいますと・・・その二人で仕事をしたら良いものが出来そう!!と思ったからです。

さらに、なぜわたしが変なかんじがしたかといいますと・・・

古い友人のころのわたしとわたしを取り巻く世界と、新しい知人のそれとが

あまりにも違うからです。

今の環境はもちろん、わたしにとってあたりまえのものになっていますが、

そうでない頃の時間を一緒に過ごした人なので、ちょっと奇妙なかんじでした(笑)

それはさておき、

お二人の会話を傍らでぼんやり聞きつつ(ぼんやりかよッ!)、「ああ、なんかいいんじゃないのぉ~」と思っておりました。

どうやら興味を持っていただけたようだし・・・今後が楽しみです!

こうして、わたしの大好きな人たちが知り合って、お互いに自分の夢や目標に少しずつ近づいてゆく。。。

それはわたしにとって、最高に幸せなことであります。

さあて、わたしもここいらで気合い入れなおして、がんばろー おーっ!!

応援しています。

このブログの右下にあるリンクの「SHOCO」にて

現在新商品の”クレンジングミルク”モニターを募集しています!!

http://www.sho-cosme.com/campaign01.html

SHOCOの代表は、大学時代からの友人で、わたしも応援しているのです。

しかも、これがなかなかいい製品を作っておるのですよっ!

今までの美容液や化粧水はもちろん、わたしのお気に入りの石鹸とか。

今回のクレンジングは「天然ローズのアロマオイルが配合されてて、とっても良い感じ」だそうですよ?!

ぜひぜひ、「んん??」と少しでも興味がありましたら、モニターに応募してくださいね。

試す価値、アリ!ですよ☆ どうぞよろしく!!

むしろ基本・・・おおっ

ゆべし って 柚餅子 って書くんですね。知りませんでした。

わたしは”くるみゆべし”が大好きです。

本来どこの名産か知りませんが、わたしの田舎の山形の方でもくるみゆべしを売っています。

あと、のし梅ね。

きょうお土産でいただいたのは、まさに「柚餅子」でした

柚子のさわやかな香りがする、ぷにょんぷにょんのお菓子でした。

柚餅子は「米の粉と味噌や砂糖、柚子の皮などをこねて蒸した餅菓子」とありました。

むしろくるみより一般的だったとは・・・

よく考えたら、基本が柚子だからこそ、「くるみゆべし」とわざわざくるみを付けるんですね。

いづれにしても、ぎゅうひやゆべしのような、ぷにょんぷにょんしたお菓子が大好きです。

ワカメちゃんのことば

右見て、左見て、また右見て。

眼科の待合室のテレビから、ワカメちゃんの声が聞こえてきました。

「横断歩道を渡るときは、右見て、左見て、また右見て、それから渡るのよ」

そうそう。そう教わりました。幼い頃に。

でもそれを教わったとき、わたしは

「右見て、左見て、また右見てる間に、左から車が来ちゃうかも。また左も見なきゃ・・・ でも、キリがないなあ・・・」

と思ったものです。だからわたしは横断歩道でいつもきょろきょろと首を左右に振っていました。

この法則は日本が”車両は左側通行”だからなんでしょうね。

教えてくれるときに、ついでにその理由も教えてほしかったでやんすよ。

そういうように、そう教わったけど実は何でなんだろう??と思うような事は意外と世の中にあって、大抵の場合は理由があったりします。

それは大人になった今は、ちょっと考えれば分かるようなことなのね。

「ああ。なるほどね」と何かに気づいたとき、大人になってよかったなあと思います。

あ、え??

子供でも賢い子はわかる??   ・・・・・そうかもしれません。

付け足します。

わたしなりに、大人になってよかったなあ☆

空気が証拠

Flower_ring

結婚式でした。

朝は曇っていたけれど、どんどんお天気が良くなってきて、

お式が終わってフラワーシャワーのときには青空さえ見えていました。

花嫁は本当に幸せそうで・・・・・うれしいですね!

披露宴では新郎の会社の上司や友人からの暖かい言葉が贈られ、

新婦の高校時代の友人からは「今日の日のために、代々木公園やハンズの前で練習した」というハンドベルの演奏が。。。

わたしはこのハンドベルの演奏に涙が出そうになりました。

三人はそれぞれ働いていて時間のない中、夜集まって公演や路上で、新婦の大好きな曲「世界でひとつだけの花」を練習したのです。

新婦のために。。。

なんて暖かい贈り物なんだろうと、胸がぎゅっとなりました。

 会場は終始とても和やかな空気につつまれていて、途中、会場をみわたすと、みーーんな本当にいい顔をしていました。

それは、主役のふたりの人柄がいい証拠ですね!

写真の手前にあるのは、新婦の手作りクッキーです。

とにかく真心いっぱいの結婚式でした。

人生の大切な船出にわたしをよんでくれて本当にありがとう。

伝われば、よし!

「使いさし」という言葉、「使いかけ」と同意語。

こっちでは聞かないよねー 関西の人は使うよねー

と話していたらある人が

「ぼくは母に”使いかけなんて言葉はない。使いさし、だ”って矯正されましたよ」

という。この人は神奈川県の人。

でもインターネットの辞書で調べたら「使いさし」という言葉は出てきませんでした。

「ぼ、ぼくは母にだまされていたんですね?!」

とショックを受けていたKくん。 

安心したまえ。

うちに帰ってちゃんと調べたら「使いさし」も載っておったよ。

「さし」とは「止し」と書いて、中断すること、を言うそうです。

読み止し、食べ止し、使い止し。。。

言葉というものは生もので、どんどん変化していくんですね。

「間違った使い方」でも大多数が間違ったほうを支持したら、もはや正しい使い方になってしまうのでしょう。

だって言葉は伝えるためにあるんだから。

発する人の真意を相手がその通りにキャッチできるなら、問題ないものね。

いずれにしても、折角我々は伝えるための巧みな音を獲得したのだから、

大事にしたいなあと、思うのです。

水色のまるの中

金木犀の香りがしてきました。

そして、大好きなおしろい花も、あちらこちらで香っています。

きょうのお天気ったら、もんのすごく爽やかでしたね。

ぼんやりと青い空にデコレーションしている筋雲を眺めながら

「あーあの水色のもっともっと先には黒い宇宙が広がっているわけだな」

と見えもしない宇宙に思いを馳せておりました。。。それから

「冥王星、どうしてるかな・・・」

とも。どうもしてるわけ、ないんですけどね。

宇宙の全部のこと、海の中の全部のこと、もちろん陸も、まだまだいくらでも

わからないことがあるんだろうな。

なんでも知りたいけど、なんでも知ってしまったらつまらない。かな??

わたしは地球のどこかにいまも首長竜が生きていると、思っています。

思うのは自由なので(笑)

懐かしのお兄さん

3年ぶり、ん?4年ぶりでしょうか・・・?

懐かしい友人から電話がありました。 うれしいです!

わたしの携帯の番号が変わっていて、連絡がつかないため、

実家に電話をしてくれたそうで、母からその旨、メールがありました。

わたしは過去に一度携帯を紛失してしまって、時々そういうことがあります。。。ゴメンナサイ。

この方とは、わたしが大学生の頃のバイト先で知り合いました。

とても変な・・・あ、いや、おもしろいお兄さんで(少なくともあの頃はまだ”お兄さん”でした)、いろいろ教えてもらったり、助けてもらったり、突っ込ませてもらったり(笑)していました。

もう1人、わたしと同い年の男(男の子でも男性でもなかったな・・・)と3人で仕事するのが本当に楽しかった。カメラ売り場という場所柄、他に女子がいなかったけれど、この二人のおかげでわたしは3年間楽しく過ごすことができたのでしょう。

久しぶりに「電話」となるとかなり緊張するかと思いきや、びっくりするほど全く緊張しないじゃないですか。

しかもわたし、がんがん突っ込んでるじゃないですかッ!

なんかね、めずらしくない人とすぐ目の前で話している、そんな感じ。(←一応ほめてます)

そういう、気さくな方!! (そうそう、そう言いたかった!)

「いまごろどうしているかしらぁ~~~」と思っていたところだったので、タイムリーでしたね!

あの頃はまだ、今のように携帯が普及していませんでしたが、携帯ブラボー!今回はアドレスもちゃんと聞きました。

とりあえず、安心ですっ。

これでまた、繋がっていられるかな☆  うふふ

ぶどうひとつぶどう?

ここ最近、ぶどうをよく食べます。

おいしいです。

「ぶどうひとつぶどう?」という商品名の飴を思い出し、ついつぶやいてしまいます。

その昔、わたしの実家には”巨峰の棚”がありました。

チャボの小屋(チャボ、飼っています。今も)の上に、屋根のようにつるが伸びていました。

できる巨峰は、もちろんお店の売り物のように器量よしではありません。

しかも、たぶん・・・酸っぱかったのではないでしょうか。

とれた巨峰はいつもジュースにされて出てきました。

母が皮ごとぐらぐら煮詰めて甘くして、ふきんで絞って、濃縮ぶどう液にするんです。

それを水で割って飲む。

これがねー、おいしかったんですよ!!まさに自然の味ですね。

ぶどうを見るたび、あのジュースの味と、あの絞った後の巨峰色のふきんを思い出します。

小学生の頃の、巨峰色の思い出です。

☆こころ葉の音 Vol.4 「光り降る音」 ”こころ葉の森”にて配信中☆

民謡酒場

民謡酒場、ってご存知ですか?

民謡好きが集まってくる居酒屋さんです。

そういうところには、小さな舞台があって、お店の人たちが三味線を弾いたり、尺八を吹いたり、お囃子、太鼓、唄や踊りまでやってくださいます。

お客さんが唄いたければ、大抵の場合何でも弾いてくれます。

カラオケバーの民謡版みたいな感じでしょうか・・・・・・ちがうか。

ひとむかし(ふたむかしぐらい?)前は、そういうお店がたくさんあったそうです。

たぶん、民謡ブームの頃でしょうね。

現在は、たくさんはありません。でも、いくつかの老舗が今もがんばっています。

こういった民謡酒場には、民謡界の大御所や、有名人がいらっしゃるので

そのスバラシイ芸を間近で見る事ができます。贅沢ですねぇ~

でもま、なかなか飛び込みで行くには勇気がいるでしょうね。

わたしも自分からは行ったことがありませんが、これからも繁盛してくれたらいいな~なんて思います。

がんばれ!日本のこころ!!

甘いものがお好き

Mikan

これを食べると、運動会を思い出します。

つやつやつやつや・・・・・・・

みかんですねぇ。こんなに青いのに酸っぱくないんですよね。フシギ。

わたしの小学校では運動会は10月の上旬にありました。

だから、お弁当にこのみかんが半分に切られて入っていたんです。

小学校のときって毎日給食だから、お弁当の日と言えば特別な日。

そういうわけで、わたしの中では、青いみかん=運動会 という関係になっております。

ところで、そのみかんをわたしが食べていると、伊能くんが「ジブンも食べたいであります!」と必死にアピールしてきました。

わたしがそのひと房を半分にかじってあげると、伊能くんはひと嘴かじって、ぷるるっと首を振りました。

「ちょ、ちょっと酸っぱいであります!」

そう言いたげな目でわたしを見あげる。

それからしばらく、つついては「お、すっぱ」つついては「お、すっぱ」を繰り返しておりました。

小鳥は甘いものが好きですね。みかんはちょっと酸っぱかったようです(笑)

ちなみに。

昼間、ホットケーキを食べていたら、かごの中で大暴れしてアピールしだしました。

「そ、その、うまそうなのは、何ですか?!く、くれっくれっくれっ!!」

鳥として恥ずかしいほどの欲しがりよう。

健康上あんまり良くないけれど、ちょこっとちぎってあげてみました。

すると、予想通りの食らいつき!!

あんまりすごい食いっぷりなので、こちらも調子に乗ってあげていたら、急にパタリと食べなくなりました。

「なんぼなんでも、そないに食べませんよ」

という風に。

くちばしの前に差し出したホットケーキをわざと見ないようにして、もういらないことをアピールします。

わたしを通り越した向こうを見つめて。

まったく勝手なヤツです。

でもホットケーキに夢中になっている小鳥、かなりかわいかったです!

☆こころ葉の音 Vol.4 「光り降る音」 ”こころ葉の森”にて配信中☆

池袋店OPEN!

よくお世話になっているスタジオの”池袋店”がOPENしていました。

これはうれしいニュースです!

さっそく行ってみると・・・・・ピカピカでした・・・!!!(あたりまえ)

来月にはB1もOPENするらしいのですが、現在は1Fのみの営業。

きょうわたしが使ったスタジオは12畳。広い!一人で12畳!!

入ってみると、キレーーーイ☆ でも、やっぱりいろいろな物が響きます。

あちこちで手を叩いてみるのですが、どこもドラムが響く・・・・・

と、そこで目に映ったのは・・・3畳ほどの小さなサブスペース。

休憩所みたいな部屋が付いているのです。

入ってみると・・・いいじゃないですかー!デッドじゃないですかー!

ってなわけで、1時間半ほどその小部屋にこもっておりました。

ついつい夢中になっていると、外に人の気配が。

おっと。。。もう時間でした。

フロントのお兄さんが片付けにいらっしゃったのです。

お兄さんは防犯カメラ(?)に全くわたしが映らないので、変だなと思っていたよう。

でも不審がられたわけではなかったようで安心しました(笑)

少し駅からは歩くけれど、この池袋店、これからお世話になりそうな予感です。

そだ!!開店記念になかなかしっかりした”CDケース”をもらっちゃいました♪うっふっふ

血が騒ぐ・・・

夏は豆。秋は芋。

そんなイメージがあります。

わたしは豆も芋も大好きです。

食べるのもさることながら、例えばそら豆のさやの内側の、あのベルベットのような細かい毛を指でぎゅっと押したりするのがいいです。

芋は、掘れるところがステキです。

芋ほりってロマンです!!

こう、土の中に埋まっているのを「どこかな~どこかな~まだあるかな~」と探すのがたまらないのです。

わたしの場合、そもそも”収穫”とか”捕獲”とか、ゲットするのが性に合っています。

「キミは圧倒的に狩猟民族だ。」と農耕民族派の友人に言われるほどに。

ん?でもさつまいもは・・・農耕民族・・・? ややっ??

まあ、まあ、いっか!  (何が?)

もう何年も前にさつまいも堀りに行きましたが、やっぱり楽しかったですよー!

時間にするとあっという間なんですが、達成感はかなりありました。

でも絶対に食べられない程ののさつまいもを獲得してしまうので、その後みんなに配らなきゃいけないんですけどね(笑)

あ~、こんなこと考えてたら、今年も行きたくなってきたぞ!!さつまいも堀り!

来月あたり・・・行こうかな・・・♪ あ!!栗拾いも魅力的☆

というようなことをね、今やってるカルビーのCMを見て思いました。。。

☆こころ葉の音 Vol.4 「光り降る音」 ”こころ葉の森”にて配信中☆

シンクロW杯

Hikaruinou

光ってます!

光ってます!伊能くん!!

いや、じつはただ、露出の設定を間違えただけなんですけどね・・・うふっ

この写真でもわかるように、とりの首ってぐりぐり回るんですよ。

しかもね、頭を掻くのにわざわざ羽の後ろから脚をまわして掻くんですよ!!

すごい柔らかさ・・・っ!

あ、柔らかさで思い出した。

シンクロW杯、初日だったんですね。たまたま見る事ができました。もちろんテレビでですが

すごいすごい!!日本の演技良かったですねえ!

なんかね、テレビで見ていても選手たちの気迫が伝わってくるようでした。

あの、集中力と闘志から生まれる気迫は本当に見る人を惹きつけます。

10人の足技の連続とか、スピンとか・・・

泳げないわたしには(←問題外!)さらに体の固いわたしには(←致命的!!)同じ人間とは思えないほど、衝撃的です。

他の国のチームも、それぞれの個性やアイディアを盛り込んでいて、楽しませていただきました☆

今日のFC、日本は2位。

こういう芸術の分野って、”感覚”を数字にする競技だから審査をする方も難儀ですね。

人間のすることですから、メンタル的な要素はどうしても影響するのでしょうか、多かれ少なかれ。

審査員はたいへんだ。。。

17日まであるそうですが、どうかみんな無事に力を出し切ってほしいものです。

あああ!がんばれーーー!!!

☆こころ葉の音 Vol.4 「光り降る音」 ”こころ葉の森”にて配信中☆

3ヶ月ぶりの再会

さむいですねえ。。。

今日という今日は、ほんとに寒かったですねえ。

うちに着いて「家ってなんて暖かい」と思ってしまいました。

こう毎日寒いと、心から情けない気持ちになってきます。みじめな感じ。

朝もよりいっそう起きられなくなります。

もうタオルケット一枚ではやりすごせなくなってまいりました。

そこで!

今日から毛布に選手交代です!! うきうき

毛布は大好きです。毛が好きです。もさもさが好きです。

わたしは6月まで毛布、9月から毛布なので、ほぼ一年中毛布生活。

それにしたって3ヶ月ぶりの毛布との再会・・・・・

胸躍ります。

うっふっふ。熟睡できちゃうかなあ・・・・・

あ。。。でも、そうなると、余計に朝起きられなくなる・・・?!

それは困る。困るなあ。

ベッドそのものに目覚ましが付いていて、時間になると自動的にベッドが起き上がる、もしくは寝てる人をゴロンと床に落す、そういうの、ないかしらね。。。。。。

サイン

「なんかさ、一般人にはない”アンテナ”を持ってるよね」

と、しばしば人に言われます。いわゆる、勘。

そうでもないと、思いますが、そうでもあるようです。

ときどきね、ピコーーーーンとくるんですよ。

どちらかというと、「ちょっと凹みサイン」に敏感な方です。じつは。

じぶんが凹みやすいので(笑)

でもね、それはわたしに限ったことじゃないんですよね。

本当に第六感で感じていると言うよりは、それなりの裏づけがあるんです。

ただ、その裏づけを”後で察する”から勘の鋭い人みたいに思われるのかもしれませんね。

(いや・・・どちらかというと勘が鋭いというより、何かが(何?)見えている、というのでしょうか。)

自分のことで精一杯に毎日を過ごして、大好きな人たちのSOSに気づかなくなってしまわないように、心がけています。

その心がけを忘れないようにしたいものです。

だって。。。 わたしにはSOSを感じ取ってくれる優しい人たちがいるから。ね♪

あ、折角だから申し上げておきますが、水晶球とか持ってませんから。

「水晶玉、お家にありますよね?」と普通に訊く方々、そういうわけなので。あしからず。

☆こころ葉の音 Vol.4 「光り降る音」 ”こころ葉の森”にて配信中☆

カラフルな心

きょうはステキな人にたくさん会いました。

正確には「ステキなことを確認しちゃいました」ってかんじですが。

そして、そういういろんな刺激や体験によって、いろいろ考えることができました。

相手のこと、自分のこと・・・・・

人間はみんなナイーブ。だからときに冷たく、だから優しい。

そんなことを思いました。

それとは別に、ショゲル報告もありました。

同期のひとりが役者を辞めてしまいました。純粋に寂しいです。

でも!!!

それは縁が切れたわけでもないし、そうかじゃあ会社員がんばれよ!!

って思うんですが・・・・・  さびしいです。      ゴメンナサイ

友へ。 「決断、おめでとう! スッキリしてまた出発だっ!!!」

嵯峨

Saga

丹頂鶴です。

丹頂鶴の、ぬいぐるみです。

かわいいです。かわいいんですが、どこかユーモラスです。

これは昨日姉から北海道旅行のお土産にもらいました。

「これはどうしても、miyanさんに・・・!」

と姉の旦那さんのセレクトだそうです。 ありがとうございます。

この鶴、ごらんの通り自立するんですよ!すごいでしょ?

これで家のはぬいぐるみは、5つになりました。全部もらい物です。

自分では絶対買いません。一番の理由は、汚れた末、捨てられないからです。

ぬいぐるみが欲しい!とは一言も言っていないのですが、けっこう昔からいただくことが多いですね。。。フシギ。

でも、もらったぬいぐるみは大事にします!名前もつけちゃいます。

興が乗ったときは、それらで寸劇もしちゃいます。(←全然しなくていいんですけど)

そして今回もつけました。命名は・・・・

「嵯峨」

たまたま今回も地名ちっくな名前になりました。でも仕方ない。見た瞬間にピコッと思い浮かんじゃうんだもん。

ちなみにアンゴラウサギのぬいぐるみの名前は”チョモランマ”です。

これはわたしの会心の命名だと思っています。

きっとみなさんもそれを見たら「あああ!!チョモランマ!」って思うに違いないですよ!

それにしても、この嵯峨、ポーズが独特なだけにどこへおいて置けばいいのか定まりません。

おかげで今もテーブルの真ん中にすっくと立っています。。。うううーむ。

☆こころ葉の音 Vol.4 「光り降る音」 ”こころ葉の森”にて配信中☆

観自在

Shiko

思いがけず、棟方志功に出会いました。

いやあ~力強いです!!

これは日暮里の本行寺にあります。

このお寺には小林一茶や種田山頭火の歌碑があり、しばしば観光(?)の方々を見かけます。

なぜわたしが行ったかって?

ここにわたしのご先祖のお墓があるんですねぇ~。今日は法事、祖母の一周忌だったんです。

何度もこのお寺には行っていますが、この「観自在」のあるお部屋には初めて入りました。

もう10年ほど前になりますが、青森市にある記念館で棟方志功の生み出したものの数々を見たことがあります。

それはもう、くたびれました。。。

書や絵と言うのはその人が全身全霊を注いでいるので、見ているこちらも手を抜くことができない。おのずとエネルギーを使ってしまうのです。

だから見終わったときには、もうくたくたの抜け殻状態になってしまうことがあります。

でも、棟方さんの数々を見終わったときは、どちかというと、エネルギーが充填されるような感じでした。

「だははははーーーー!! がははははーーーー!!」

って感じなんです。

あああ、、、こんなとき自分の教養のなさがもどかしい。。。

とにかく青森の風土と棟方さんが憧れたゴッホの影響を色濃く受けた、

勢いのある作品たちでした。

わたしと友人は、単純なので、ふたりしてあっという間にそのエネルギーに感化され、

変なハイテンションになって記念館をあとにしたのを覚えています。

そんなことを、この観自在で思い出しました。

余談ですが、棟方志功と祖母の命日が同じ! ふふふ、奇遇☆

☆こころ葉の音 Vol.4 「光り降る音」 ”こころ葉の森”にて配信中☆

そして猫

「お願い」はしてみるものです。

昨日、世の猫たちよ、その美しいふわふわに触らせておくれ。

とお願いしたら、さっそく今日、触らせてくれました。

おほほわぁ~~~(←さわったときの感触)

その猫ちゃんは、うちから駅までの通り道にある、とてもハイセンスなお家の前に、つと、とたっておりました。

それはもう、毛並みの良い、器量よしの美猫ちゃんでした。

「なー」

とおっしゃるので

「なー」 

と申し上げたら、わたしの足元にするりと寄っていらっしゃいました。(何故か敬語)

そうして、ふうわりとわたしの足に触れました。おぉぉぉぉ。

わあっと思ってながめていると、くるりと回ってまた近づいていらっしゃいました。(また敬語)

そこでわたしは、そうっと手を伸ばすと、

「少しだけなら、よくってよ」

と背中をさわらせてくれました。 おおう!毛並みいいーッ!!

あの美猫ちゃんはきっと、あのハイセンスなお家の家猫にちがいないッ!

とわたしは勝手に確信したのでした。

美猫ちゃん、また会いましょーね☆

☆こころ葉の音 Vol.4 「光り降る音」 ”こころ葉の森”にて配信中☆

海ちゃんの本を買いました。

海ちゃんとは写真家、岩合光昭さんちの猫ちゃんです。

その美猫の小さな写真集のようなもの。

ほんとーに、可愛らしい猫。

しかも岩合さんの写真ですからねえ!それはもう・・・いいですよ!!

猫は好きなんですけど、あまり縁がないんです、わたし。

昔からずーっと鳥を飼っていたので(しかも大きめのとか)、猫は飼えなかったんです。両親は猫が苦手だし。

でもね、わたしは、あのふわふわ感が好きなんです。

とんがった耳に丸い顔、丸い手足、丸い背中。

その芸術的なシルエットに触りたい!!と思って近づいてもいつも触らせてくれないの、猫たち。

世の猫たちよ、その美しいふわふわに触らせておくれ。

☆こころ葉の音 Vol.4 「光り降る音」 ”こころ葉の森”にて配信中☆

秋の雨

雨でしたねえ・・・

あしたも雨降りだそうですが。。。

こんなお天気だと、暑いんだか寒いんだかよくわからなくなってしまいます。

今日も家を出るときは暑かったのですが、帰る頃には寒くなっていたりして。

電車の中や、お店の中は冷房がききすぎてキンキンに冷えていました。

そりゃあもう、冷蔵庫並みでしたよ!

そうなると、長袖で・・・となるんですが、駅から歩いているとこれまた、ちょっと暑い。

体温調節むずかしいです(笑)

ここで失敗すると風邪をひいてしまうのかも!?

ちゃんと体、維持しなきゃいけませんね。

と言いつつ、夜更かししてる時点でアウト?

☆こころ葉の音 Vol.4 「光り降る音」 ”こころ葉の森”にて配信中☆

こころ葉の音 Vol.4

あうううう・・・ やっと更新いたしました・・・!

こころ葉の音 Vol.4 「光り降る音」 です。

今回の作品は絵本なんですねえ。 でもどちらかというと大人向けなのかな?

作品についての詳しい説明は(たいして詳しくないか)「こころ葉の森」の記事に書いてあります☆

今までの(といってもまだ2つ・・・)作品は短めのエッセイでしたので

雰囲気はだいぶ違うかもしれません。。。

前作を気に入ってくださった方、聞いたことないよーんという方、前回がお気に召さなかった方も(笑)ぜひぜひ、聴いてみて下さい。

そして、ご意見をいただけますと、とっても励みに(ハゲ身にって変換された!)なります☆

どうぞ、よろしくお願いいたします。

うぎゃっ・・・ 伊能に鼻を噛まれました。。。痛い。

ごはんだー

Suzumechan

みてみて!!

かぁわいいーーーっっ!!  ってコレ、ただのカレンダーなんですけど(汗)今月の。

なんだか”秋”って感じ、しませんか??

わたしはカレンダーをめくってコレを見たとき、思わず身悶えしてしまいました。

はあ~・・・かわいい・・・

でね、秋っぽいなあと思って調べてみたら、現代俳句の季語では「稲雀」だと秋の季語なんですって。

雀は雀でも「雀の子」とか「雀の巣」だと春なのね。

すずめ単独っていうのは見当たらなかったな。。。

でもほら!写真、見て! やっぱり「稲雀」だもん。秋だもん!

茶色い帽子みたいな頭がまた秋の装いって感じよね。

うちの伊能くんは、万年”空色”。 ・・・もとい”沢庵色”。

秋、先取り

秋

「巨峰ココナッツミルク タピオカ入り」

神戸屋キッチンで、秋限定のメニューです。

アイスクリームが食べたくて入ったんですけど、つい「秋限定」につられてしまいました。

味は・・・まあまあでした(笑) なにも巨峰とココナッツミルクを合わせなくてもよかったかな、みたいな味でした。

でも、おいしいか不味いかで言ったら断然おいしかったですよ♪

他にも、栗をふんだんに使ったお菓子やら、いろいろ限定メニューが。

春と秋には旬の食材として思いつくものが多いですよね。

ああ、この秋、どれだけ栗とぶどうを食べられるかなぁ。。。うきうき

冬仕度のリスみたいな気分。

憧れの木

憧れの木

庭にレモンの木がある家に住みたいなぁ

レモンがね、いっぱいいっぱい生ってる木

一度だけ、知人のおうちでみたことがある

玄関先に大きなレモンの木

素敵だった

レモンの木

それは憧れ

苺スイッチ

いちご!いちご!!い・ち・ご!!!

今日はね、渋谷のあるお店にて「自家製つぶつぶ苺酒」なるものをいただきました。

これ、すんっごくおいしかった!

ほんとにつぶつぶしていて、くし切りのレモンがほんのり利いていて。。。

色はね・・・・・わかりませんでした(笑)

だってただでさえ照明が暗いうえに、グラスが真っ青なんだもん。

でも本当においしかったですよ。

で、苺スイッチが入ってしまって、〆のデザートに「つぶつぶ苺ババロア」まで食べてしまいました。

これまた、おいしかったですよおおおお~~~(おどろおどろしく)

次に渋谷で飲む機会があったら、また行きたいな☆

苺といえば。。。

昔、わたしの母は、お店で売っている普通の苺から苺をつくろうとしていました。

どうやるのかというと、濡らした脱脂綿の上になるべく黒く熟した種をピンセットで並べていくんです。

そうするとそのうち、そこから芽が出て、土に植え替えて、間引いて・・・・・

そんな風にしていくと、苺ができるそうです。

でも足掛け三年ぐらい?かかるので、途中で挫折したそうですが。。。

少し前にわたしが「お母さん、苺から苺つくってたよね?」ときいたのがきっかけで、

最近またやっているそうです。

がんばれお母さん!!

苺からできた苺(ほんとはみんな、そう)楽しみに待ってるよ!!

えーもう?!

通販のカタログが届きました。また。

わたしの場合、生活雑貨はここ、とか服系はここ、とかだいたい決まっているのですが、

そうなると利用している通販会社もひとつではないわけです。

で、どんどん最新号が送られて来るんですよねぇ。。。

しかも!

今日届いたのは「秋冬号」と題したもので、有効期限は2月26日までなんです!!

2月・・・・・・  まだ、8月なんですけど。まだ、今年なんですけど。

2月っていったらアータ来年じゃあないですか!

まだ夏気分を捨てきれないわたしとしては、「待ってくれ~~いっ」ってかんじです。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ