« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

涙の味

わたしは感覚が先にたってしまうタイプなので、自分でわからなくなるときがあります。

「自分がなぜ泣いているのか」

とにかく出てくるんだけど・・・ えーっと、なんでだろう??

そんなぐあいに。

で!

いいこと思いつきました。

をみるんです!!

悔しいとき怒ったときは 交感神経が働いて量が少なく塩辛い涙になる。

うれしいとき悲しいときは 副交感神経が働いてとめどなく薄口の涙になる。

これをもとに舐めてみますと。。。

「あーいまわたしは悲しいのかー」

とわかるわけです。そんな分かり方でいいのか?!

いいんです!とりあえず!!

それと、もうひとつ。

「涙涸れるまで・・・」と金八先生は歌っていましたが、涙は涸れません。

止まらないときは、まさしく「涙そうそう」。

食べなきゃ始まらない

カレーが食べたくなってしまって。。。

食べました。22時過ぎに。

おかげさまで、胃がもたれています。やや後悔。

空腹のまま最寄り駅についたとき、「あーどーしてもカレー」と思ってしまい、

牛乳を買うついでにレトルトのカレーを購入しました。

ほんとはマルシェの中辛がよかったのに、置いてなかったので

やっぱり同じ緑色の箱の・・・なんだったかな・・・別のにしました。

で、半熟卵をゆでて、めでたく召し上がったんですけど。。。

弱いんですよ、胃。

ちょっと、胃がしんどいです。現在。

でも食べないとね。スネオになっちゃうからね

食べることってすごくドラマがあると思うんです。作家さんには「食」にこだわっている方も少なくないですよね。

向田邦子さん、池波正太郎さん、東海林さだおさん・・・

たしか(たしかかよッ)吉本ばななさんの「キッチン」の中に

「とにかくカツ丼よ」

というセリフが出てきます。大事なお母さんであるお父さんを亡くして、自暴自棄になってしまった男の子に、あなたにいま必要なのはカツ丼よ、みたいなことを言うんです。

出来立てのカツ丼を見ていたら、「どうしても今、届けなきゃいけない」と強く思って、その足でカツ丼を抱えてタクシーを飛ばして、彼が泊まっている窓から侵入しようとするんです。

そこがわたしのすごく好きなシーンです。

悲しみでいっぱいになった彼をなんとか元気付けたい、顔を上げさせたい、という彼女の思いがいっぱいに表れている一言だと思います。

食べなきゃ、始まらない。

そんなことを思わせてくれる、温度のある言葉。好きです。

そういえば、映画ではそのシーン、ないんですよね。ちょっと残念でした。

おおおううーーー・・・

「伊能くん、こちょこちょされるの図」です。

伊能はこちょこちょが好きです。この、首まわりというかほっぺというか、のあたりです。

でもかたくなに、他のところ、羽やおなかは触らせてくれません。

がっかりです。

昔かっていた子はどこでもOKだったし、仰向けに寝かしつけたり出来たんですが。。。

今朝、トーストを食べていたら、いきなりトーストの上に乗られました。

最悪です。

しかたないので、ちょこっとちぎってあげるんですが、そっちよりも

どうやらわたしが食べているところから食べたいようです。(なんてやつ)

スプーンでコーヒー牛乳をあげたらグイグイ飲んでいました。

でも結局はスプーンをかじる方に専念していましたけど(笑)

けっこう果敢になんでも食べる伊能くんであります☆

☆こころ葉の森にて 『雪解け こころ葉の音Vol.5』配信中☆

来いッ!上昇気流!!

郵便受けの朝刊と夕刊の間に挟まっていました。

年賀状印刷のDM。

年賀状!!

もうそんな季節です。 速い、速すぎる・・・

あっという間の毎日だよ。 

でも、あっという間の毎日なんだけど、1月2月の記憶は遥か遠い。。。

今日までのあいだに、いろいろなことがあったのは確かなようです。

今年のわたしは変化はあったけど、上向きの変化はなかったように思います。

地味に地味に、変化。

残り2ヶ月で上向きな変化が・・・・・         あるといいな☆ ふふ。

☆こころ葉の森にて 『雪解け こころ葉の音Vol.5』配信中☆

注意力ゼロ。

ファンケルでマッサージパックの試供品をもらったのでさっそく使ってみました。

えーと、なになに?「1回分を手にとり、水気のない顔にのばして1~2分待つ」

ほほうーなるほど。では、お風呂に浸かりながら・・・・・

2分後洗い流してみてもあまり変化がない。

えー。お店のお姉さんは「もう!ほんっとに顔がパッと明るくなるんですよお~っ!!」

といっていたのに。のにっ。

ふうん。と思って、わたしはその後の文章にくぎづけになりました。

「お風呂でのご使用はお奨めできません」

ぬわにーーーッ?! 読んでなかったーなかったーっ!!

ぶうー。

というわけで、せっかくの試供品をムダにしてしまいました。 しくしく。

でもいいの♪

もうその来月出る商品は予約しちゃったんだもんねー☆

「ケイゾク ハ チカラ ナリ」

☆こころ葉の森にて 『雪解け こころ葉の音Vol.5』配信中☆

ちーがーうーッ!!

人間とは贅沢なもので、

こう毎日お天気が続いていると、今日みたいな雨になんとなく、ほっとしたりします。

春夏秋冬があるように、晴れもあれば雨もあるというのが、やっぱりいいですね。

そんなわけで、なんとなくいい感じに”憂鬱”な朝でした。

でもね、単純に朝日の光量が少ないと、目が覚めないんで困るんですけどね。

* * *

本を読んでいると、無意識にキャスティングしてることってありませんか?

この役は渡辺謙さん、とかこのセリフは室井滋さん、とか。

それでね、こう・・・自分で声に出して読んでみた時に、ものっすごくガッカリするんです。

わたしの声は高いから。

正確には”高く聴こえる”声なんです。キーは同じでも高音が目立つ。

もっと渋い声が欲しいときに「チキショー!」って思います。

でもまあ、ない袖は振れぬ。 生まれつきだからネ。

そんな風にときどき人知れず地団駄を踏んでいるわたしです。

☆こころ葉の森にて 『雪解け こころ葉の音Vol.5』配信中☆

生ものだから出来ること

偶数月の第4日曜日、津軽民謡の師匠が主催の「民謡勉強会」があります。

きょうはその勉強会の日でした。

しかし・・・今月は日曜日が第5まであったので、「勉強会は偶数月の最後の日曜日」とあたまにインプットしていた人もけっこうたくさんいらっしゃったようで、今日の参加者は少なめでした。

がっ!!!

濃かったー!内容が濃かったー!!

民謡界で有名で海外でもご活躍の工藤武さんはじめ、プロの民謡歌手が何人もいらっしゃって、見に来ている人たちもノリがいい。

津軽民謡は、歌っている人を三味線の人や太鼓の人が「ホラッ!!アラッ!オラッ!!」とはやしてたてるんです。もちろんお客さんも。

それで唄い手はどんどん調子に乗っていく。それで三味線も太鼓も客席もさらに乗っていく。

そういう相乗効果で、ものっすごく場の空気がぶわっと盛り上がるんです。

生ものなんですね。

とくに今日は小山内兄弟がすごかった!

この方々はじつは三兄弟。今日は中のお兄さんはいらしてなかったようですが。

この小山内兄弟は青森出身!しゃべりも唄も青森の匂いがプンプンします。

最高にうらやましいです。

もうたぶん・・・60代ぐらいだと思うのですが、素晴らしい歌声です!

なんてったって、節回しがすごい!

まずは弟さんが唄って拍手喝さいの後、「へば、あんちゃんにかわるべ」と言って

選手交代します。

で、これまたこのお兄さんが・・・・・・すごい!!

なんかね、景色を背負ってるんですよ。唄うその背景に津軽の景色が見えるんです。

一節唄うごとに拍手の嵐!わたしなんて奇声を発してしまう勢い!

ほんとああいうのを「いい唄」というんでしょうね。。。

民謡に全く興味のない方でも、あの場にいたら絶対あの唄と会場の一体感に感動したはずです。

みんなに味わってもらえないのが残念なくらい!

今日は本当にいい時間を過ごしたなあ!

☆こころ葉の森にて 『雪解け こころ葉の音Vol.5』配信中☆

しばし江戸へ

行ってきました!

池田昌子語りの会 「御宿かわせみ ~幼なじみ 江戸の子守唄」

すごかったですねー。また泣いてしまいました。。。

元八丁堀の娘で強気でおきゃんなるい。

その恋人である東吾。友人の畝源三郎。女中のお吉。その他いろいろ・・・

次々に演じ分けていきます。

時代背景や話の土台をバッチリ作りこんでいらっしゃるようで、

池田さんの作り出す世界の素晴らしこと!!

大川端の景色や大川の流れ、江戸の辻が目の前に見えるようでした。

ご本人はこれまたじつにキュートな方で、同じ女性としてこんなに素敵な人生の先輩を目の当たりに出来ることが本当に幸運であり、見習いたいと思っています。

が・・・。わたしには程遠いなあ・・・・・・とほほ。

ま、でも。

希望しなければ何事も始まらないわけで、「ステキになるぞーステキになるぞー」と

呪文のように毎日を過ごしていれば、ちっとは近づくかもしれませんな!な!

それより何より、表現者としての芸を見習わなきゃいけませんね!

池田昌子さん、今度はいつどこでどんな作品を繰り出されるのか・・・

今から次が楽しみです☆

☆こころ葉の森にて 『雪解け こころ葉の音Vol.5』配信中☆

うそーん

今日ね、お店でデザートにマンゴープリンを頼んだんです。

友達とふたりで、マンゴープリンとミニチョコサンデーを堪能しようと思って。

そうしたらお店の人が

「あの、今バナナをきらしてまして、代わりにラズベリーになりますがいいですか?」

というので、四角いマンゴープリンにななめに切ったバナナが刺さったのを思い浮かべてから、それを抜いてラズベリーソースをかけました。頭の中で。

で、「いいですよ」って言ったんです。

まずはミニチョコサンデーが運ばれてきました。そして待つこと3分。

わたしの目の前に置かれたのは、上に写っているあいつでした。。。

デカイよ! 内容はサンデーと変わらないよ! それじゃ意味ないよ!!

マンゴープリンをマンゴーパフェに聞き間違ったんだって。そんなぁ・・・

わたしの滑舌が悪かったのでしょうか?

聞けば、マンゴープリンはもう終わってるという。

店員さんは下げようともしないし・・・引き受けましたよ、あたしゃ。

「わかりました。いただきましょう!」

でもね、実際パフェの上に乗っかっている生クリームが苦手なので

ちょうど居合わせた甘党の男の人にあげちゃいました♪

結局、わたしと友達はミニチョコサンデーを二人でついばみ、

「二つ頼んだ意味、ないね」

とちょっぴりだけがっかりしたのでした。

杜氏さんだね!

友達が杜氏さんの試験に合格していました。

いつの間に・・・!

彼は大学時代の友人で、きょう思い付きでメールしました。

なぜ思いつくかというと。。。

冬だからです!

彼は卒業してからずっと、惣誉という地酒の蔵で働いています。

(惣誉、めっちゃおいしいです☆)

蔵は冬が忙しいんです。だから「あーあいつ忙しくなってきたかなー」と思い出すんです。

大学の頃は就職活動のときもスーツのボタンを三番目まで留めてしまったり、履歴書を書かせれば、吹けば飛ぶような字を書いて「止め、はね、ぐらいちゃんとやれ!」と他の男子に怒られているような人でした。

そんな彼が「オレ、杜氏になる」と言い出したのはいつだったかなあ・・・

年に一、二度連絡をとるぐらいだけど、その都度立派になっていくのを電話のむこうに感じていました。

彼は今、ひとつの夢もしくは目標を達成しました!

おめでとう!おめでとう!!

そしてこれからも・・・がんばれーーー!!

☆こころ葉の森にて 『雪解け こころ葉の音Vol.5』配信中☆

美形

珍しく、後姿を撮ることができました。

こんばんは。伊能です。

今日、大好きな某社長さんともんじゃを食べに行きました。

もんじゃを食べながら伊能くんの話になりました。

「美形だよね~!」

はい。そうなんです。伊能くん、セキセイの中でも美形です。

お、親バカ?!

ちがいますよー。本当にハンサムなんですよ!伊能くんは。

伊能くんのコメント
ぼく、ちょっとどんくさいけど、顔黄ばんでるけど、かわいいからユルシテ

マーボー春雨のお皿につっこんで頭からびろ~んて春雨たらしちゃうけど、かわいいからユルシテ。

そんな具合に勝手にアテて遊んでいます。

さあ!あなたのお部屋にも一羽、いかがですか??

☆こころ葉の森にて 『雪解け こころ葉の音Vol.5』配信中☆

そこここにヒント

富士の麓の身延山、の麓の南部町へ行ってきました。

踊りの舞台です。
「舞台」というのは「発表会」ではなく、仕事。
もちろんわたしの仕事ではなく、師匠に入ってくる仕事です。
そういった大事な舞台に、時々ご一緒させていただくのです。
本当にありがたいこと!

踊りは「フリ」が決まっているし、人数で踊っているときは 、勝手に変えることが出来ないので、歌い手さんが間違えると かなり困ったことになります。


 例えば、歌詞が抜けたり、唄の数を間違えたり、それから「ハア~~」とのばす長さが違ったりすると、踊りのフリが全部狂ってきてしまうんですね~。

 それがリハで分かっていざ本番!なら調整もききますが本番でいきなりそうなると、あとは全員でお互いを盗んでなんとか合わせるしかないんです。

 こういうことは芝居にも通じることで、本番舞台に上がってから何が起こるかわからない


何か起こったときに周りの状況を瞬時に察したり、あんまり慌てないような度胸をつけるにはいい勉強だと思います。 もっともわたしの場合、そういうずうずうしさだけは生まれつき備わってるみたいですけど(笑)
 
 毎日の生活の中に、芝居のヒントはいくらでもころがっているネ。

☆こころ葉の森にて 『雪解け こころ葉の音Vol.5』配信中☆

ひつじが・・・

有線の、ひつじを数える番組を知っていますか?

すてきな男の人の声が眠れない人になりかわって、ひつじを数えてくれているのです。

なんかこう・・・天国みたいなBGMにのせて。

山中湖のとあるホテルでこれを聞いた時、姉といっしょにおおはしゃぎしました。

「ねえねえ!これ、いくつまで数えるんだろう?!」

わたしたちの興味はやっぱりそこでした。

ずっと聴いていると本当に眠ってしまうので、時々思い出しては途中経過をチェックしました。

100までかと思ったら大間違い!ぐんぐん数えて、990を超えました。

「こりゃきっと1000匹までだよ!」

そういって1000匹を待っていると、

「999匹・・・羊が1000匹・・・羊が1001匹・・・」

えーーっ?!1001匹?!と驚いていると

「まだ・・・眠れないのぉ~?」

と言うんです!! 

あまりの意外さにげらげら笑ってしまいました。

有線ってすごい面白いチャンネルがいっぱいあるんですよね。。。

ところで、ひつじの声、誰だったんだろう・・・?

☆こころ葉の森にて 『雪解け こころ葉の音Vol.5』配信中☆

いぬ占い

犬占い、やったことありますか?

久々にやってみようと思って(ま、変わるわけないんですけど)検索したら、

「室内犬占い」ってのがヒットしました。

やってみると・・・なんちゃらかんちゃらコーギー。 コーギーです。

最初の感想は「・・・しっぽ、切られちゃう」でした。

性格は、規律正しく、計画的、みたいな感じ。 う、全然ちがう・・・。

わたしは全く計画性ないんですが、本当はそういう素質があるのに生かしきれていない、ということでしょうか?

ふーむ。。。と思いながら、目的の”いぬ占い”をやってみると、

相変わらずシーズー。(あたりまえです)

こっちはね、たぶん当たっています。いや、かなり(笑)!?

もっとも、ここの占いはイイことしか書いていませんけどね☆

やったことありますか? 何犬でしたか?

☆こころ葉の森にて 『雪解け こころ葉の音Vol.5』配信中☆

こころ葉の音Vol.5

またもや・・・一ヶ月たってしまいました。。。ゴメンナサイ。

わたしの音声配信ブログ、「こころ葉の森」にて更新いたしました。

今回は、覚和歌子さんの『ゼロになるからだ』より「雪解け」。

この作品・・・じつは今年6月の朗読会にて読みました。そのときは女優の坂東留実さんとふたりで読んだんですねえ。

じゃあ、なんでまた読むんだ?

それはわたしが気に入っているお話だからです~♪(あくまでじぶんほんい。すいません)

なので、すでに聴いたことがある向きもござりましょうが、またちょっと違う趣になっていると思いますので是非是非聴いてみてください!

この「雪解け」という作品、すごくやるせないんです。

そのやるせなさが、また、わたしにはたまらなくて。。。

ところで、

『ゼロになるからだ』には他にもたくさんのお話が入っていまして、その中のひとつに

可笑しくて、不思議で、奇妙で、美しい、というとても気になる作品があります。

これもいつか読んでみたいなあ、と思ってはいるのですが、

なにぶん長い作品なのでちょっと検討中です。

そんなこんなで(どんなこんなだ?)5回目に選んだ「雪解け」

とってもいいお話です。

是非、聴いてみて下さい。

雪解け こころ葉の音Vol.5

ノットしましま

Nonoji

じゃーん!!

のの字ロールです!! 大好きです!

ご存知ですか?アンリシャルパンティエの”のの字ロール”。

ちなみにこれは、和栗です。わ・ぐ・り。

今日はね(というかもう昨日)、伊能がうちに来た日なんです。

Proinou

一年前の今日、まだハゲハゲのヒナの状態で、980円で買ってきました。

安いっ!!秋のセールとかなんとかで、もう最後の一羽だったので

選択の余地もありませんでした。

わたしとしては、頭がしましまじゃなければ、何色でも、

オスでもメスでも良かったのですが、さすがにヒナだとどんな色になるのか、

はっきりとはわかりません。

「どうか、しましまじゃありませんよーに!!」

そんな願いが通じてか、うちの伊能は頭がしましまではありません。

最近とってもよく喋るようになりました。

そろそろ・・・歌でも教えてみましょうか!

何を教えようかなあ・・・

ないなー。マイナー?

まぶしい!一日でしたねー。。。

朝起きたら、もとい、昼起きたら外はものすごいいい天気で、空が透明でした。

ああ、青空ってこういうのを言うのね。と思わせるスバラシイ空。

雲は白く光って・・・

うきうきの一日でした! 基本的には。

なぜ基本的には、なのかというと。。。

本屋さんに行ったんです。新宿の紀伊国屋です。大きい本屋さんです。

だのにだのに・・・!!

わたしの求めていた本は全て在庫なしだったんですよ~ えーん。

6冊全部ですよ?!みんな出版社も著者も違うんです。

えー。そんなにマイナーな本なのかしら。そろいもそろって?

ふうー。仕方なくネットで注文しました。

本当はちらっと中身を見てから買いたかったのにな。ま、いっか。

それはそれで届くのが楽しみだし、ね☆

双魚

七里ガ浜オールスターズの「双魚」をみてきました。

ひじょーに面白かったですよー!!

月曜日までやっているそうですから、お時間のある方は是非☆

内容は、いろんなところで考えさせらたり、笑ったり、感動したり・・・

そういうバランスのいい作品でした。

それぞれの役が同じくらい見せ場があるってところがまた、よかったです。

でも、一番おもしろいのは・・・演出でありキャストでもある瀧川さんですね(笑)

彼の一挙手一投足がわたしのツボでして。。。楽しませていただきました。

そして、友達のテツさんが、相変わらずセクシーな声でいい芝居をなさっていました。

さすがです!!

前説から始まり、お客さんを送り出すまで、全て”楽しませる”という心遣いがうれしく、

また、うまいなあ~!!と思わせました。

音楽やら見せ方やら衣装やら・・・オシャレにしてないようでいて、オシャレでした。

お話の内容はあえて書かナイヨウ。

よかったら是非観に行ってみて下さい!

嵐の中観に行った甲斐があったわ・・・! ほんと、オススメです☆

有り得ない

最近、変なクセがついてしまって。。。 それは・・・

舌打ちです。

これはマズイでしょうー。かなりマズイでしょうー。

なぜかと言いますとね、えっとね、洋画の吹き替えの時、台本に”口がなる”って書いてあることがよくあるんです。

で、実際そういう場合、外国語でしゃべっている役者さんの口がなってるんです。

それは舌打ちとはまたちょっと違うんですけれど。

たまたま最近わたしが見ていたものが、いわゆる”ちぇっ”ていう意味の舌打ちが入っていたんです。その女の子がとってもかわいくって、ついつい真似していたら無意識にやるようになってしまったんですねえ~~~。マズイですね~。

無意識ってところがヤバイです。

友達に「クセになってるのぉ??それ、かなり感じ悪いよー!!」と笑われました。 あああ・・・

今読んでいる、「御宿かわせみ」のるいみたいなかわいい女性でいたいのに・・・

舌打ちは、有り得ない。

王子靴

靴がほしいなあーと、思っています。

といっても、もちろん普段裸足ではありません(笑)

ここのところ、ちょくちょく見てはいるんですが・・・・・

なかなか気に入ったものがみつかりません。

わたしの靴の条件は、いろいろあるんですが、最も重要なのは2点。

先が丸いことヒールがないことです。

これがね~、ないんですよ!!

巷でみかけるものは、ほとんど先がとんがっていて、ヒールが高い!

わたしは敢えて言いたい。

人の足はそんなにとんがってなーーーーいいいっっ!!

どうしたってあれは履いてて痛いし、指が入ってない先っぽの方はムダだと思うんです。

でもね。。。時代はトンガリ靴がもてはやされているようで、なかなかわたしのハートを鷲掴みするような白馬に乗った王子様みたいな靴には出会えないんです。

なので、いつも新しく靴を買うときには、今履いているものはくったくたに履き潰されている

そうならないように、早めに探しているつもりなんですが・・・・・・

わたしの条件にぴったりの靴、ないかしら。。。

ぴったりと言えば、シンデレラ。

わたしが幼い頃、この話を聞いたときの感想はこうです。

「ガラスの靴なんて、足が痛そう。」

それに、蹴躓いて割れたりしたら、かなり危ないですよね。。。

うーん。現実主義は生まれつきかしら?

シンデレラ、足怪我しなくて良かった。めでたしめでたし。

はえぬき、ではありません

舌をかみました。 あ、シャレじゃありません。

しかもね、ど真ん中ですよ!ど真ん中!どこぞのお米の名前みたいですね。

どうやったらこんなど真ん中を噛むことが出来るんでしょうか、わたしは?

本当なら写真に撮ってお見せしたいところですが、画的に気持ち悪いのでやめておきます。

きのうの夜、帰り道でお得意の歩き食べをしていました。

もう、肉まんの季節です。

それで、わーい!と傘をさしつつ食べていたら、ガリリっとかんでしまったんです。

そりゃあもう、血がでましたよー。

むかし母が「舌を噛んでしまうときは疲れているとき」と言っていましたが、

ど真ん中を噛むなんて・・・・・いくらなんでも、疲れすぎでしょ、わたし!!

もしかしたら、ごめんなさい

もしかして・・・

また、言わない方がいいことを言っちゃったのかな。

偉そうなことを言ってしまったかな・・・

しらないふりして黙っていればよかったのかな・・・

言葉は選んだつもりです。

生まれつき、生意気なのでしょうか。。。

わかりません。

わからない。

どうか気を悪くしていませんように。。。

お懐かしゅうございます

みてみてーーーー!!!

今秋、初マツタケですっ!! ほかほかほかほか・・・・・

これはまあ、みての通り釜飯ですね。

今日は新橋に朗読劇のようなものを観に行き、その帰りに友達が「焼き鳥が食べたい」と言うのでお店を探していたら、この「焼き鳥&釜飯」のお店にたどりつきました。

そのお店は9月25日にリニューアルオープンしたそうで、

「新装開店のお祝いに沢の鶴をサービスいたしております」といいました。

そこで友人Kがすかさず、

「サービスってことはタダってことですか?」

「はい!」

「じゃ、それ3つ。とコーラひとつ」

おおおーーー。こういう時、ちゃんと問いただせる勇気をわたしは持ち合わせていないので、たくましいなあ~といつも思います。ほんとに。それでわたしは損しちゃうんですよね。。。ぐすん。

ちなみに、”コーラ”を頼んだ人は、お酒飲めません。「水道ひねったらコーラが出てくればいいのに」と言うほどのコーラ好きです。

ああ!それで、マツタケだった!

なかなか歯応えがあっておいしかったです。大好きな銀杏もうれしかった。

いよいよ秋本番。(え?もうとっく??)

秋刀魚、栗、芋、銀杏、梨、葡萄、松茸・・・・・・・

えええーーーーーいいっ!!みんなかかってこいッ!!

秋! 秋! 秋を満喫じゃあーーー!!

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ