« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

桜の魅力に・・・

素晴らしく!桜が咲いていますね~!!

雨にも負けず風にも負けず、咲き乱れております。。。

わたしの家のすぐそばに、とても立派な桜があります。

本数的には、数本なんですが、枝振りが素晴らしいんですよ!

フェンスがあって、その桜の下には入れないのですが、本当に美しいです。

いいですよね~・・・  その姿を見てると・・・

片っ端からわしわしわしーーっと口に入れたい衝動に駆られるのは、わたしだけでしょうか・・・?

まっくろネリノ

まっくろネリノって知ってますか?

これは絵本です。黒を貴重にしたクレヨン画の絵本。

わたしが小さい頃気に入っていた本のひとつです。急に思い出しました。

まっくろネリノは鳥です。

とうさんとかあさんは餌探しに忙しく、4羽の兄さんたちはみんなきれいな色をしていて、

まっくろネリノとは「まっくろだから」という理由で遊んでくれません。

ひとりぼっちのまっくろネリノ。

ところがある日、きれいな兄さんたちが捕まっちゃうんですね。

それを「真っ暗闇の中なら、ぼくは見えない。助けに行こう!」ってんで、

うまいこと兄さんたちを助けるわけです。

そうして兄さんたちとも仲良くなってハッピーエンド!!

対象年齢2~3才らしいですが、かわいい絵本ですよ。

他に好きだったのは「からすのパン屋さん」です。

小さい頃から鳥が好きなわたしですが、こうして考えてみると、好きな絵本まで鳥に偏っていたとは・・・・・

筋金入りの鳥好きです(笑)

今度うちの伊能を題材にして絵本でも書こうかしら?!

寅心うずうず

今日はずいぶんと暖かかったですねー。

なんだか結局、冬らしい寒さが感じられないまま春が来てしまいましたね。

だってもう桜が咲いているってゆーじゃないですか!

ええ。わたしはまだお目にかかっていませんけれども。。。

桜・・・桜大好きなんですよね~♪

でも、今年は気温差があまり無かったから、あんまり鮮やかではないかもと思っています。

植物には温度差が必要ですからね。。。

ともあれ、ことしも出来る限り、見れる限り、桜を眺めようと思います。

静かに夜桜でも眺めたいなあ。。。 ふふっ

吉野の桜もいつか見たいと思いながら、もう10年ぐらい経ってしまいました。

今年もぜんぜん行けそうにありませんけれども・・・一度は見てみたいです。

あああ・・・・・・旅したい・・・

ずいぶん旅していないわ。。。うずうず。。。

一千Man

おおおおおおおおおーーーーーーーっっとーーーーっっ!!!!

ついに・・・・・!!!

こころ葉の森のポッドキャスティング利用者数が1000人になりました・・・

現在、ぴったんこ1000人!

あああ・・・・・登録してくださったみなさん、本当にありがとうございます!

そしてもちろん、登録してないけど聴いてくださっているみなさん、ありがとうございます!

ここのところ、一ヶ月に一度というペースの更新さえままならないわたくしですが、どうか見捨てずに応援してください~っ・・・!!

今年は大幅に自分の環境が変わり、戸惑ったり、うきうきしたり、落ち込んだりを繰り返す毎日です。

そして・・・大事なiPodがぶっ壊れました・・・・・しくしくしく・・・

なので今日、新しいのを買って来ました!! わーいわーい!!

でも、出費が痛い・・・うあっ・・・痛い・・・・・・・

まあ今となっては無いと困るものになってしまいましたので、必要な出費としてガマンします。

新しいiPod、やっぱりカラーはいいですね~☆ え?はい。今までのはカラーではありませんでした。

暗くなると見えなくって困っていたのですが、これからは大丈夫ですね。

さあ、明日からNEWポッド生活・・・楽しみだわん♪

桜の干菓子

見てください!!この上品なお菓子!!

桜の干菓子なんですよ。 赤坂の和菓子屋さんのだそうです。

この、半透明のほうのやつ、口に入れるとすっごく不思議な食感・・・!

まわりがうっすらお砂糖でかりっとしているのに、中は寒天(?)でふにゃっと口で溶けてしまうんです。

なんて上品な味わい!!

じつは去年もこれをいただいたのですが、その時はどこのお店のものなのか、わからなかったんです。

今回はわかったので安心しました。。。これで欲しいときは買いに行けますからね!

とはいえ、”桜”の干菓子は季節ものみたいですけど。

それにしても・・・

和菓子の世界は本当に細やかで上品な技が効いていますよね。

雨降りの日

Dscn6836

うちのお天気お姉さんです。

これのトップにある黒いボタンを押すと、

「ピッピッ。これからの天気はぐずつくでしょう。ピッピッ。ウエザーメッセージでした」

と喋ります。ウェザーではなくウエザーです、なぜか。

でも、この天気予報、じつはけっこう当たるんです。テレビの天気予報と違う事を言っていても、こちらが当たったりします。

なかなか信頼度が高いわけです。

そんな我が家のお天気お姉さんは、これから雨というとき「・・・・・雨模様でしょう」

と言います。わたしはこの”雨模様”という表現が気に入っています。

雨の、模様。

なんだかステキな感じがしませんか?

でも、ステキなんですが・・・ステキなんですが・・・

今日のわたしのこころは、雨模様です。

しとしと、雨です。

そんな日もあるよね。

2緑

Dscn6833

ホワイトデーの贈り物に、観葉植物をいただきました!

左がプミラ、右がフィラデンドロン、というそうです。

プミラは難易度が高く、バリバリにして枯らしてしまうこともけっこう多いようです。

わたしはもともと”サボテンまで枯らす”ほどの栽培下手なので、今から心配です。。。

うまくすると増えて行きそうな感じですが。

フィラデンドロンについては、ちょっとよくわからないですね。

ネットで検索してもあまり、情報がなくて。

でも、こうして眺めていると・・・緑があるというのはやっぱりお部屋の空気が変わるものなんですね!

急に「ゆとりある空間」のようなハイソな気分になります。(なんて簡単なわたし・・・)

ホワイトデーに緑を贈る、なかなかステキな発想ですよね!

ちなみにある友人に見せたら「食べられないじゃん・・・」とつぶやいていましたが(笑)

苗字が似合うお年頃

最近、ある方のおうちに赤ちゃんが生まれまして、男の子でした。

といっても性別はもうずいぶん前からわかっていたので、名前も考え始めていたんですよね。

だから、これまでにも候補の名前を聞いていたので「結局、なんていうお名前にしたんですか?」と聞いてみたら、「結局、まだ決めてない(汗)」と言われました(笑)

というわけで、その赤ちゃんにはまだ名前がついていません。

で、便宜上、わたしたちはこっそり「M(苗字)くん」とよんでいます。

生まれたての赤ちゃんを苗字で呼ぶ・・・ってすごく違和感がありますね!

つい笑ってしまいました。

むかし、野田秀樹さんが「走るという言葉は、こどもに似合う言葉、”走る大人”というのはちょっと違和感がある」のような”非国語”という話をしていましたが、ちょっとその感覚と似ているかなと思いました。

苗字は赤ちゃんに似合わない。

となると・・・いつから似合うようになるんでしょうね?

自分の事を振り返ると・・・幼稚園では先生から名前で呼ばれていたけれど、小学校に入ったら苗字で呼ばれるようになりました。

ってことは、やはりその辺りでしょうか、境目は。。。

赤ちゃん誕生で、そんなことを考えていましたよ、わたしは・・・ ふほほ

名の支配力

突然ですが・・・

みなさんはご自分のお名前が好きですか?

今日、ある方と名前の話題になりました。その方はご自身のお名前が、ちょっとだけ気にいらないようでした。ふふふ。

わたしの場合小学生の頃、よくある「名前入りグッズ」に自分の名前がない、ということがどういうことか気づくのに随分時間がかかりました。

よく、姉と母に「お姉ちゃんは有ってわたしのはないッ!!」と八つ当たりしていたのは覚えていますが(笑)

姉は子どもの頃からとても親切でしたから、そんなわたしに特注していくつかの名前入りグッズをプレゼントしてくれました。

名は体を表す、といいますが、本当にそう感じることがあります。あれは不思議なものですね。

「ホリック」というコミックの魔女みたいな人が(魔女ではないと思いますが)、たしか、本名を名乗らないんですよ。「名前を知られることは支配されることだから」みたいなことを言って。

他にも地球のとある地域の人は、やっぱりニックネームで呼び合っていて、本名は知られないようにしている、というのを本で読んだことがあります。

とまあ、そういうような例もありますが、とにかく、名前をつけることというのは何か特別で、その名前はやはりその人やその者を多かれ少なかれ左右しているような気がします。

無意識にそういうことを思って、みな子どもの名前を決めるのにあれやこれやと悩んでいるのかもしれませんね。

実際「名付け親」という人は特別な存在だったりしますし。

ところで、みなさんはご自分の名前の由来をご両親に訊いてみたことがありますか?

わたしは・・・・・簡単にいうと「特にすごい意味はない」そうです(笑)

まあ、そんなもんですよ、所詮うちは。 ほほほ。

☆「いのちのうた」 こころ葉の森にて配信中☆

薦められて

今、伊坂幸太郎さんの本を読んでいます。

友達に貸してもらいました。その子は伊坂さんの本を全部持っているという、大の伊坂ファン。

わたしはここ最近、周りの人にオススメの本を紹介してもらうことを楽しんでいます。

自分だけで選んでいると、ついつい趣味が偏って、読み続けるうちになんかこう・・・・・息が詰まってくるんですよ。ある友人はその現象について”胸焼け”と表現していました。じつに言い得て妙です。

で、ひとに紹介されて出会った本たちは、大抵、面白いんです!

わたしはそもそも、映画でも何でも、薦めた人以上に面白がれる体質なので、とってもお得です。

食べ物の好き嫌いが無いほうが食事の幅が広がるように、本や映画の好みも広いほうがお得じゃないですか(笑)

そこで、伊坂さんの本、

「もうねー、すっごく好きなの!面白い!!」

と絶賛しているので、是非といって貸してもらいました。

読んでみましたら・・・・・もうねー、おもしろいんですよーとてもおもしろいんですよー!

構成が非常に巧みで、テンポが良く、言葉の使い方がこれまた気が利いている!!

そして、なんだかこう・・・優しいんですね。とても気に入っちゃいましたよ、わたし!

世の中わたしが出会っていない、ステキな作品がまだまだ山ほどあるのかと思うと、わくわくしますね。

何がオススメの本がありましたら、是非紹介してくださいね☆

☆「いのちのうた」 こころ葉の森にて配信中☆

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ