« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

夏よ来い

このアイスティー!すんごく美味しいんですよ~!!

アールグレイなんですけど、香りがそのままパックされた感じ。

飽きないんですよねー。 ミルクを入れてもとっても美味♪

これでなんと! 1リットル180円!! 安い!ウマイ!!

ふつうのスーパーではなく「カルディ」という輸入食材やさんで購入します。

この初夏の頃から夏の間、「ああ!今日も暑いなあ!」なんて笑顔で文句をいいながら澄んだ赤茶色のグラスを眺めるのは、ひとつの楽しみです。

オススメです!

ところで。

「Fully Dressed」という歌があります。 知る人ぞ知る曲ですが。

「着飾るよりも笑顔が大切。笑顔を忘れたら幸せが逃げていっちゃうよ!」

という歌です。

そうだなーと思います。やっぱり明るく楽しいところに人は集まってくるものですよね!

じめっとしているより、カラッとがいい♪

Fully Dressed は Tomorrow と同じぐらいよく歌う大好きな歌です。

ザ・国技!

Rikisi

生まれて初めて、大相撲を生で観て来ました!

すごい迫力ですねー!!

何よりやっぱり、お客さんのどよめきや、力士がぶつかりあう音、そう!音がまず臨場感を盛り上げてくれます。

もちろん熱気もね。

相撲にはいろんな儀式があって大変だなあ、と変な感心をしてしまいました。

この写真もそう。このあとみんな内側に輪になって、手あげたりなんかいろいろするんですよね。

わたしは相撲にぜんぜん詳しくないので、何もかもが新鮮でした。

最後の取り組みは、とても盛り上がって、決着がついたときには、たくさんの座布団が飛びました。

とりあえず、わたしも投げました。

何事も経験。

前のほうの方は、むしろ頭をガードするために座布団を使っていましたが。。。

申し訳ない(汗)

印象深いのは懸賞の旗(?)みたいのが行列するとき。

最後の取り組みのときなんて、3周もありました! うーん、わたしも懸賞出したいね。。。

なんでも”おもしろい”と思う可能性の高いでたしですが、今回は予想以上にエキサイト

しました!

やっぱりスポーツは生で観戦したいものですね!

力士バンザイ。

当然もっているはずの・・・

常識っていうのは・・・どういうのを言うんでしょうね。

わたしは今年「常識力トレーニング」にはまっています。おもしろいです。

単純にクイズとして楽しんでるから良いのですが、ときどき

「え?!これ常識??」

と思うようなものも出てきます。わたしは現在、常識力79。

ところで。

今日ある友人と話していて、うーん・・・と思ってしまいました。

彼は今年30歳。

なのに・・・知らないことが多い~っ!! たぶん常識だと思われるようなこと!

「ね、どうやったら、そんなにいろんなことを見過ごして生きて来れるの?」

とつっこんでしまうほど。

なんだか自分がすごく博識な人という錯覚にとらわれます。

きょうは「ペンギンって鳥なんだー。」としみじみしてました。

でも、ふと、常識ってじゃあなんだ?と考えてしまう。

必要なこと、とも違うし・・・知っておくと便利なこと、ってわけでもないし。。。

辞書には”ある社会で、人々の間に広く承認され、当然もっているはずの知識や判断力。”とある。

やっぱり多数決的な性格はあるようです。でも”当然もっているはずの”ってのがやっぱり引っかかります。

”当然”も”もっているはずの”の基準は何だ??

そういう一連のことが、頭を過ぎった夜でした。

ま、過ぎったぐらいです(笑)

バンビーノ2!

観てきちゃったわ!「バンビーノ2」!!

芸劇の中ホールって大きいんですね~。。。ご縁がなかったのでおのぼりさんみたいな状態でした。

お花もたっくさん出ていて・・・すごい人気!

観に来ているお客さんは、若い女の子ばかり。

わたしたちワークショップ仲間の6人は、あからさまに浮いていました(笑)

内容も、笑いと涙のいい話。さすが堤さんです。 演出も・・・さすが・・・!

そしてバンビーノならではの、歌とダンス!!

わたしたちもすっかり覚えてしまって、帰りにマネしてました。

終演後、出演していた友達のマネージャーさんが楽屋に入れてくださいました。

そこはもう・・・・・イケメンの園!!

もうわたしなんかは直視できないほど、かっこよかったです!

なんかねわたしみたいな、もっさりしたのが見ては怒られるような気がして。(誰にだよ?)

とても楽しい舞台でした。

まだまだ続く「バンビーノ2」、興味がありましたら是非、観に行ってください☆

そして「ナオ」役の彼を応援してあげてください!

花かご to You

かわいいでしょう? フラワーバスケットです。

今年の母の日に、プレゼントしました。

母の日のころは、ちょうど『被告人』の公演中でしたので、直接渡すことはできませんでした。

でも、母から「かわいい花かごが届いたよ!」とうれしそうなメールが。そしてこの画像が添付されてきました!

ケータイを持ち始めたころは、誤字脱字やら、句読点はないやらの怪文書的なメールだったのに、今や画像まで!!

成長したなあ・・・おかあさん。

母は昔から草花が好きで、いつのころからか、毎年母の日には鉢植えを贈るようになりました。

でも、今はいろいろ増えすぎて(笑)! 庭がジャングルみたいになっています。

自宅の庭で遭難できそうです。

母は何年か前からフラワーアレンジメントも習っていて、これがまたけっこうな腕前!

うまいんですよ。。。

もともと生け花の資格も持っているので、花には慣れています。

そのうえ、デコレーション的なセンスに長けているんですよ。 うらやましい。

その部分、わたしは残念なぐらい受け継がなかったみたいです。

デコレーションセンスなし。なし、というか・・・「独創的すぎ。」とよく言われます。

理解者大募集。

わたしもこんな風にかわいいアレンジをやってみたいものです。

いや、本気出せば・・・きっと・・・できるさ! 成せば成る?!

今年も…来た♪

今年も…来た♪
今年もこの季節になりました。つばめちゃんが来ています。

写真、わかりますか?

『巣しか写ってないじゃんッ!』

とつっこんだアナタ!!

いえいえ、よおっっく見てください。

左上にあたま、右の方にしっぽが出ているのが見えませんか?

そうです。現在たまご暖め中なんです〜!

舞台の稽古をしていた頃には巣を作っていたんですが、舞台が終わって来てみたらもう、卵を産み終えて暖めていたんです。

ああ…かわいいです〜…

ヒナが孵って賑かになるのが楽しみです♪

ひょえー壊れた・・・

ショック・・・・・・

MDレコーダーが壊れました・・・・・。まだ一年も経っていないのに。

しかも、別に落したりもしていないのに・・・・・!

これがないと困ります。いろんな面で困ります。

それになんといっても、こころ葉の朗読が録れないじゃないですかーっ!!

困ったなあ・・・修理に出しても直ってくるまでにきっと一ヶ月とかかかっちゃうんだ。

あーあ。

最近コンポも壊れたし、やんなっちゃう。

コンポの壊れ方はすごかった! ボリュームのつまみをどっちに回しても、音が大きくなっていくんです!

慌てて反対に回しても音量が上がるので、ついには爆音になってしまい、急いで電源を切りました。

ああいう壊れ方は困ります。。。

それにしても、どうしよう。

どうしようとか言ってないで、早く修理に出せ?  ・・・ですね。

うちの伊能くんは今日も甘えっこです。わたしの鼻のあたまに自分のあたまをくっつけています。

ぐりぐりと、されるがまま。 愛いヤツ。

手に乗っていると、伊能の体温が高いことがよくわかります。

鳥のぬくもり。。。。。

笑顔のチカラ

ひっっっさしぶりに・・・・・テレビをみました。

そうです、家にいる時間がほとんどなかったのです!

基本的にあまりテレビ密着型の生活ではないので、朝ももちろん見ません。

で、きょう久々にテレビを見ていたら・・・(エンタの神様だったかな・・・?)

見ちゃいました!! CM! マクドナルドの!!

今、何本かオンエアされているうちのひとつが、先日の「被告人」のエリート弁護士役だった白井圭太さんが出演してるんですねー。

スマイル¥0がなんちゃら、のCM。 圭太さんは相変わらず爽やかな笑顔を見せていました。

画面いっぱいのスマイル!!

笑顔ってのはなんかこう・・・魔法ですよね。

以前ある友達と初めて知り合ったときの話をしました。友達はわたしについて

「この人、なんでこんなに笑ってるんだろう?何がそんなに楽しいんだ?」

と思っておかしくもあり、安心したそうです。

当のわたしといえば、そのワークショップに参加していることそのものから楽しいことだったので、ほんとに素で笑ってただけなんですけど。。。

「それ見てね、笑顔って重要だなって思ったよ」といわれて、少しうれしかったです。

ムリして笑うつもりはないけれど、できれば笑顔率の高い人生を送りたいです。

笑顔には自分もまわりもハッピーにする魔力があるから。

にゃん。

おああ・・・えっと・・・

最近ここのプロフィールの写真を変えました。

知人であるところの星野喜六さんの撮影です。

これを撮ったとき、もう一人わたしの友人が一緒で、彼女も撮影していたんですが・・・

おもしろいものですね!

同じ場所で、同じ人物を撮っているのに、写真になると全然ちがうんです。

撮影者”その人”がでるのでしょうか・・・出来上がった写真を見てわたしは大いに楽しみました。

ところで、じつは星野喜六さんの写真を見る機会があります。

しかも明日(もう今日?!)です。

5月19日、20日  代々木公園 けやき並木道にて
「AOZORA Photo Aid ~5月展~」

何人かの写真家の方がみんなで出展しています。

オシャレな作品たちのなかで、喜六さんは「猫」ばかりだそうです。

猫のシルエットって・・・たまらなくいいですよね!

猫好きの方も、そうでない方も、思い出したら立ち寄ってみてください☆

過ごしていくこと

さてさて。

今日は新劇俳優協会主催の、第六回朗読miniコンクールに行ってきました。

そこで、ある男性の素晴らしい朗読を聞くことができました。

題材は「すみれ島」というお話。これがまたいいお話なんです。

ある小学校と特攻部隊の絆をえがいた短いお話。

朗読なさった方はたぶん70を越してらっしゃるぐらいの年配の方、つまり戦争を経験されてるんですね。

んもう、その口からこぼれる言葉ひとつひとつに彼の年輪を感じ、人柄を感じました。

他の方々もみなわたしより年配の方ばかりで、それぞれ味のある朗読でした。

終了後「ああ、わたしはまだまだだなあ・・・」と思いつつ、出口の方のソファーに座っていると、ある若い男性が声をかけてきました。

「良かったですよ!ボクなんかに言われてもしょうがないかもしれないけど、ほんと、良かったです!」

おおおおお・・・・・・!! 生き返りました。

「よかった」・・・そういってくださる人がいて、彼のこころに届いて、本当によかった。。。

わたしはちょうど、”すみれ島”のことを思い出して”思い出し泣き”をしていたところだったので、その応対はかなり挙動不審になってしまいましたが・・・

”届けたい”と思う気持ちがあるから、”伝えたい気持ち”があるからやってるんです。

そのだいじなだいじな愛おしいものを、ちゃんともっと多くの人に伝えられるように・・・・・日々を過ごそうと思います。

生きている縁

Kyakuire

「被告人」終ってしまいました・・・。

毎回舞台が終るととても淋しいきもちになってしまいます。

毎日会えた人たちに急に会えなくなってしまうし、なんたって大事に作りあげてきた舞台が終ってしまうわけですから。

今回の「被告人」、観に来てくださった方々の感想は、

「スリリングでずっと惹き込まれっぱなしだった!」「緊張感があるのに、笑いどころがたくさんあって飽きない!」などなど、大変好評でした。

ほんとにみなさんありがとうございました!

Crataincall_1

そして・・・これがカーテンコールの様子です!!

さて、わたしはどこにいるでしょう。ふっふっふ。

Sana

Gaku






さらに。。。じゃーん!!

左は稽古風景からずーっと撮影をしてくださっていた月森砂名さんです!チャーミングですねえ♪

そして、サービスショット!!超お宝画像?!舞台監督の井川学さんです!!

暗転に目がついていかないわたしは、ゲネの時、まんまと机に激突してしまいました。

それで、学さんはすぐに赤ランプを用意してくださって見えないところに仕込んでくださって・・・本番はバッチリ大丈夫でした。ありがとうございました。。。

今回のわたしのカメラには、何故か学さんの写真が一番多くてびっくりしました。

わたしはそんなに追っかけていたんでしょうか・・・(笑)?

ほんとは全部の写真を載せたいのですが・・・さすがにムリ(涙)

ここには書ききれないほど、胸いっぱいのmiyanです。。。☆

T.H.Eは演出のグレッグの人柄のおかげでしょうか、とても温かく、仲の良い集団でした。

今回参加させていただけて、本当にしあわせです。

この縁がこれからもつながっていく事を心から願っています。

残り気

きょうは・・・

開場前の舞台で、いろんな役の席に座ってみました。

例えば、裁判官の席、弁護士の席、検察官の席などなど。。。

で、その中で弁護士の席に座った瞬間「やだな」と思ったのです。

何がいやかというと・・・こう・・・横隔膜の下のほうからぞわわわわと来る何かを感じたのです。

圧倒的にそれを感じたのがその席でした。

そのことを検事の丘美子さんと弁護士のアシスタント役のさとみさんに話したら

丘美子さんが「それはたぶん、弁護士の緊迫感がモノに残っているからよ!」とおっしゃいました

なるほど~!まさにそういう感じ!!

わたしは感覚人なので、人がそこにいたという残り香ならぬ、残り”気”を感じることがしばしばあります。

なのでそんな感じだったのかな、と。

ところで、弁護士アシスタント役のさとみさんに「わたしや検事のアシスタントの席はどうだった??」と訊かれましたので、ついつい冗談で

「なんというか、のんびりした空気でしたよ(笑)」

といったら、お二人とも「心外だっっ!」とおっしゃっていました。

いやいや、もちろん冗談ですから・・・あわわっ・・・

”物”からくるエネルギーを感じるのはわたしは面白くて大好きです。

むかし、トランプを裏にして赤か黒か当てたりして遊んだのを思い出しました。

なんかね、けっこう当たるんですよ、わたし☆

あしたが楽日です。すでに・・・淋しいです(笑)

チャーミングマン

チャーミングマン
この写真…暗くて見えないかな?

現在公演中の『被告人』の“お笑い担当”ウェブスター役の高越昭紀さんです。

今日、わたしの同期が6人団体で来てくれて飲んでいるところに、一緒に来て下さいました!
うれしいっ!!

ウェブスターという役は、とてもチャーミングで憎めない人物。
それは普段の高越さんのチャーミングさが素晴らしく良いテイストとなって表れています。

で。
飲んでいたお店は、入ったらいきなり靴を脱ぐシステムだったのですが……
コシさんはまんまと土足のまま飲んでいたんです(笑)

それはみんなが帰る時になるまで気付きませんでした!
さすがです!!

帰り際に『あっ!ちゃんと段差になってた!』と言ってましたが…

いやいや、コシさん。
“こちらで靴をお脱ぎ下さい“ってばっちり立て札がありますから(汗)!

という具合に、とても愉快な共演者ばかりのT.H.Eです☆

さてさて明日は楽日!有罪と出るか無罪と出るか…!?

そして…へっぽこなmiyanを応援してくれる同期に感謝です。

グレッグ

今日で「被告人」2日目が終了いたしました。

いや~ほんとね、緊迫した2時間半なんですよ! それなのに・・・なぜか”笑いどころ”もかなりあるのです(笑)

それは演出家がかなりのコメディアン(?)だからだと思います。

明けてみて思ったことは、わたしたちが稽古で感じているよりも、お客様は”愉快”に感じでいるようだということ。

「あ、えー。そこも笑っちゃうんだー」というところがかなりあるということです。

それはこちらにとっては、とてもうれしいことなんですけどね!

緊迫しながらぶほっと笑っちゃう、そんな舞台が繰り広げられております☆

そして・・・今日はあらためて、演出のグレッグの素晴らしさを再認識しました。

グレッグは、わたしたちに”希望”をあたえてくれます。”方法”を教えてくれます。

そしてそれらは、俳優にとって大切なことではなく、俳優でない方にもとても有効的な方法なのです。

「地球はバラエティーが好き」

グレッグの言葉です。

もっともっと刺激を受けたいと思う、大切な人です☆

そして・・・今日は共演者の44北川さんのバースデーでした!!

年男なんですねー。めでたいですねー。

で、ケーキを用意して、みなさんでお祝い!

うまい具合に、舞台上でグレッグから44さんへのダメ出しの最中に”サプライズ”というタイミングになってしまいました(汗)

照明さんがさっと察知して客電を落としてくださって、舞台上にはケーキのろうそくの灯火だけが・・・

ほんとキレイな一瞬だった・・・!

44さんおめでとーございましたー☆

愛すべき時間

今日は「被告人」の最終稽古でした。

そしてなぜか・・・また飲んでしまいました(笑)

昨日は正真正銘のT.H.Eパーティーだったのですが、今日はもうちょっと砕けた感じ。

(昨日も十分砕けてたかもしれない。。。)

芝居論のような話になったり、ちょっとうふふな話になったり。。。

演出のグレッグの人柄のおかげでしょうか、本当に暖かい人たちばかりが揃っています。

そして・・・熱い!!

わたしはこの方々に出会うことができて、ほんとにラッキーだと思います☆

そう思う時間ってみなさんもありますよね。。。

さあて。明日はいよいよ小屋入りです!!

楽しいことっていくらでもあるんだな~♪♪

普段からぼんやりしがちなわたしですが・・・足手まといにならないよう、ガンバリマス☆

もうすぐ舞台です

今、わたしは舞台の稽古中です。

その舞台とは・・・

ジェフリー・アーチャー作 『被告人』

演出はグレッグ・デールさんです。

あるお医者さまが妻殺害の罪に問われます。その被告人が有罪か無罪か、

その判決をする法廷が舞台なのです。

そしてそのエンディングは、なんと有罪と無罪の二つ用意されていて、それを決めるのは陪審員であるお客様、というわけなんです。

おもしろいでしょう??

日本でも近い将来、裁判員制度が導入されるそうですが、そうなると今までの裁判とずいぶん変わってくるのではないでしょうか。

裁判官、弁護士、被告人、証人、そして検察官。それぞれの人と陪審員とのやりとりを見てそんなことを考えたりしています。

「被告人」 
吉祥寺シアター
5月9日から13日まで。

ほんっとおもしろいですから、興味がありましたら是非観にいらしてください!

観たい!という方は・・・メールください☆

4月に舞台「わるいこと」が終わり、一週間のワークショップの後、「被告人」の稽古、そして15日には朗読の発表があります。

なんだかよくわからんが、もしかしてちょっと忙しいのかもしれません(笑)

でも・・・そんなことを微塵も感じないぐらいに楽しいんですから、わたしったら幸せ者です♪

オレ、世界遺産!

オレ、世界遺産!
姫路城です!
さすが世界遺産…デカイ!広い!美し〜い!

奥女中の部屋や塩の貯蔵部屋やらが見れるんですね!

様々なところに戦のための工夫が施されています。
壁一面に火縄銃や槍をかけられるようになっていたり、石垣を登ろうとする敵に石を投げ付ける穴があったり。
その穴の造りは他のどの城よりも素晴らしいらしく『最高傑作』と言われてるそうですが… 正直凡人のわたしにはどの辺がイカしてるのかわかりませんでした(笑)

しかしまあ、この石垣をよじ登ってでも敵をやっつけたい、名を上げたいと思わせる戦国の世ってどんな毎日だったんだろう…

いつ戦が始まるかわからない、そういう世の中…
自分の人生は自分のものではない、思わぬ人生を歩む人がたくさんいたのでしょうね…
いろんな意味で気持ちの強い人が多い時代だったのかもしれない。

あ、石垣といえば…
当時、石不足だったとかで石垣や門の土台に石灯籠や古墳の石棺なんかを使っちゃってるんです!
おいおい… ばち当たりそうだよ…(汗)


そうはいっても世界遺産!
ブラボー 姫路城! 一見の価値大ありです☆

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ