« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

もはや大判

もはや大判
見て下さい!!

これ“かりんとう”なんですよ!

ひげ太夫の永井さんからいただきました。
ご親戚がかりんとうを作ってらして、今までも何度もたくさん頂いています。
このかりんとう、ものっすごく美味しいんです!

甘さ、カリカリとサクサクのバランス、両方が良い。

本当に美味しい!

これはその応用編!?
「小判」です。
でもこの大きさ…もはや「大判」!
たぶん23cmぐらいありますね。
計ってないけど…

白ゴマの味がほんのりして。
かりんとうって体に良さそうなお菓子だな〜なんて思いますよ。

階段での閃き

雨が降り始めてから寒くなってきましたね。
皆さん体調はいかがですか?


ところでわたし、京王線の階段であることに気づきました。

今までよくわたしの姉と父はそっくりだと言われていまして、わたしとしては合点がいってなかったんですね。

でも…!
あるものを介して似てました。

「レッサーパンダ」
父=レッサーパンダ=姉 みたいな感じです。
京王線の階段には多摩動物園の看板があります。
そのレッサーパンダを見ていたら、
「あーお姉さんに似てる…あーいやお父さんに似てる……つーか両方!?」
となったんですね。

そうかーやっぱり二人はそっくりだということなんだな。

あたしは…? どうなんだろ??

みんなで角煮

みんなで角煮
角煮をつくりました。

何を隠そうわたしは豚肉大好き。

豚肉はエネルギーの元になるんですよね。

バラ肉の塊を圧力鍋で煮て… 冷めても美味しい角煮ができました。

たくさん作って稽古場に持っていきました。

わたしは今年「舞台と座組と食事」の関係について考えてきました。

唐突ですが。

まず、4月の舞台までの稽古や本番中、出来るだけ自作のお弁当にしました。

それから6月の舞台では、本番中に炊き出しをしたり、稽古中もみんなで手作り餃子大会をしました。

7月に先輩の舞台を手伝ったときにも、劇場で炊き出し。

そこまでやって…「食生活が荒れると、心が荒れる」という気がしたんです。
そして、みんなで同じものを食べると一体感が生まれる、と。

毎回はもちろんムリなんだけど、稽古本番あわせて一度ぐらいは…手作りの何かを差し入れたい、そういう思いがあります。

近ごろは。

もっとちゃんとしたお弁当を差し入れできればねえ…

人間宇宙宝

Ca390932

我が誕生日にお披露目になった、岡本太郎さんの巨大壁画「明日への神話」

わたしこれ、ただ「11月17日にここに岡本太郎の作品ができる」ってことしか知らなかったんです。

ええ、すみません。。。

なので全くなんの先入観もなく見てしまったわけですけれども。

いやなんかほんとすごいですね。

怖いんですよもちろん。だけど、なんていうんですかね、こう・・・”生へのエネルギー”を感じると言うか、人間への愛というか・・・

見ていると涙が出てくるんですよ。

ただただドキドキしてしまいました。

あとで原爆をテーマにしていると聞いて、あわわと思ったんですけれども。

もちろん原爆の悲惨さや恐ろしさはあるんです。

だけど、なんか「生きよう!」みたいなエネルギーを感じてしまったんですね。

いろんな意味でスパークしている。

やっぱり宇宙的に超越した方だったんだなあと、改めて思いました。

先入観なしで見れたのは、ある意味貴重な体験だったのかも知れません。

でも、とにかくずーっと見ていても飽きなくて・・・次の予定があるというのに、20分ぐらいそこにいてしまいました。

きっと何度見ても飽きないだろうと、思います。

ひつじでどどーん

Photo

めめーーーーん。

羊で組体操、どどーーーん。

一番下の羊を姉がくれました。一日早いお誕生日プレゼントだそうです。

羊・・・ですよね?限りなく獏に近い気がしますけど。。。

今日わたしは、ある市民アンサンブルの司会をさせていただきました。

司会業は初めてです。

かなり大所帯の楽団で、熱心さと仲の良さが伝わってきて、とても心地よい感じでした。

わたし自身には反省点が残ってしまいましたが、とても楽しくやらせていただきました!

演奏会もとても盛り上がっていたのではないでしょうか。

シンクロ・ボン・バイエではちょっと泣きそうになりました。

オリンピックファンファーレも好きですが、シンクロ・ボン・バイエ、いい曲ですね!

なんかすごくキラキラしていて!

そんないい気分で帰って来ましたら、友人から手編みの帽子が届いていました。

Ca390924 うれしいわ!!

わたしをイメージして色を選んでくれたローズ柄の帽子です。

明日の稽古にさっそくかぶって行こうかな♪

バージョンチェンジで大阪へGO!

熱風ジャワ五郎、東京公演がおわりました。

おおおーーーー。

なんだか怒涛の2週間でした。。。

ひげ太夫は一般の舞台より長い期間稽古をします。 それはもちろん”組体操があるから”です。

稽古の8割ぐらいは組体操です。 新しい組体操を開発して物語のどういう部分に使うかを考えていくんですね。

その中で公演の2週間前ぐらいから、ぐぐぐぐぐっと密度が濃くなり、昼夜通して稽古があったりの毎日が続きました。

思えば、わたしは側転さえできなかったわけですから、ずいぶんと成長したものです。

ひげのメンバーは本当にあたたかく”大人”です。

もうひとつ大事なことはスタッフさんに恵まれているということです。

受付のお手伝いのみなさんも、快く引き受けてくださって・・・

たくさんのみなさんに助けられながら、また、たくさんのお客様にご覧いただき、

千秋楽を迎えることができましたのです!

本当にみなさん、ありがとうございます!!

わたしの知人からは「見てるこっちがぐったりするね。でもなぜか元気とパワーが出てくるね」という感想をいただきました。それも一人ではなく数人・・・

まあたしかに、そうですよね(笑)

でもみんな笑顔で帰って行くのを見て本当にうれしかったです。

これから大阪公演へ向けての稽古が始まります。 大阪の劇場は東京よりかなり大きいところなので、組体操も大きいものが増える予定です。

なので、東京公演とはまた違った出し物になるでしょう!

大阪方面のみなさん、是非お越しくださいませ。 

観ればきっとあなたも・・・ハッピー無限大です!

ひげ太夫、初日ッス!

Ca390891

熱風にのって暑苦しくも「熱風ジャワ五郎」が始まりましたーーーー!!

http://www.higedayu.com/

今日は初日でしたが、まず、稽古をやって、その後昼にゲネをやって、

それから本番、という実質2ステージ。

・・・・・2ステの怖さを知りました。。。 わたしこう見えてけっこう体力あるんですよ。

でもね、2ステ目のラストの方で、腕が疲れて上がらなくなってきたんです。

気づかなかったんですが、たぶんそういうことだったんだと思います。

腕の筋肉だけが疲労してるっていう感覚でした。

いやー恐ろしい!!

でもね、今日それがわかったから大丈夫です。 疲れるとどうなるかがわかったので大丈夫なんです(笑)

お客様の感想も上々! ひげ太夫の舞台の不思議なところは、観た方も終演後興奮しているというところです。

そりゃあね、あんなものを間近で見せられたらね、血圧あがっちゃうよね。

なにはともあれ、ひげ太夫、面白いみたいです!(←ひとごとかよ?!)

もし、お時間ありましたら、元気無い方は元気に、元気な方はさらに元気に、なりに来て下さい~!!

猫ニモマケズ

猫ニモマケズ
猫ニモマケズ
毎日ばたばたしとおります。 あわわわわ。

6月の舞台に引き続き“重要な段取りと複数役”という今回の舞台。

「あゆみ」の時は一応みんな“人”の役でしたが、今回は道とか火山とか… 人でないものまで!!

段取り間違えてフリーズ、もしくは放浪…… おうぅ

いや、今日は大丈夫だと思います。思いたい! 思いこもう!

猫にガンとばされながら、駅までの道をてくてく。

そして夜中はついついポテチをむさぼる。
いかん。 じつにイカン。

でもこのポテチ、非常にうまかったです。
チーズ好きにはオススメ。

なんてオススメてる場合じゃなぁい!!
がんばれ、あたしッ!!

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ